new-Zealand(C)Getty Images

【画像】死闘終えたニュージーランド、試合後ロッカールームに日本へ感謝の置きメッセージ 「素晴らしい時間を過ごせました。頑張れ!」

東京五輪の準々決勝でU-24日本代表に敗れたU-24ニュージーランド代表が、試合後に感謝のメッセージを残した。

7月31日に行われた東京五輪サッカー男子の準々決勝、県立カシマサッカースタジアムでのU-24日本代表vsU-24ニュージーランド代表は、0-0で迎えたPK戦を制した日本が準決勝進出を決めた。

ニュージーランド代表としては、死闘の末にPK戦で大会を後にするという悔しい結末に。それでも、ニュージーランド代表は試合後、最後まで素晴らしいチームであり続けた。

以下に続く

ニュージーランド戦で途中出場したDF中山雄太は一夜明けた1日、試合後の相手チームのロッカールーム、ホワイトボードの写真を自身の『インスタグラム』で投稿。そこには、ニュージーランドチームが英語と日本語で残した以下のメッセージが記されていた。

「ありがとう鹿島・東京2020」

「素晴らしい時間を過ごせました。日本代表の幸運を祈っています」

「頑張れ!」

投稿した中山は、「僕はサッカー選手の前に、一人の人としての彼らを深く尊敬します。日本では現在、多くのアスリートがプレーしていて、今回のような心温まるニュースがあります。僕自身は何もしていませんが、日本のパーソナリティとおもてなしの精神に誇りを持っています。人と人との繋がりは本当に素晴らしいと思います。世界が今よりも温かいニュースで溢れることを願っています」と英語でメッセージを綴った。

日本はこの後、3日に行われる準決勝でU-24スペイン代表と対戦する。

東京五輪・特集・関連ニュース

広告