【戦力分析&補強まとめ~マン・C~】総合評価S:悲願のCL優勝へCB補強は急務

コメント()
manchester city
(C)Getty Images
【欧州・海外サッカー コラム】『Goal』ではプレミアリーグ開幕を前に、現時点でのビッグクラブの補強と戦力分析を実施(移籍市場は10月5日まで)。第5回は、プレミアリーグ&チャンピオンズリーグ制覇を狙うマンチェスター・シティ編だ。

今夏ここまでの主な獲得・放出

【IN】
フェラン・トーレス(←バレンシア)
ナタン・アケ(←ボーンマス)
パブロ・モレノ(←ユヴェントス)
スコット・カーソン(←ダービー/ローン)

【OUT】
ダビド・シルバ(→レアル・ソシエダ/フリー)
レロイ・サネ(→バイエルン)
アンヘリーノ(→ライプツィヒ/ローン)
食野亮太郎(→リオ・アヴェFC/ローン)
クラウディオ・ブラーボ(→レアル・ベティス)

基本フォーメーション(4-3-3)

man city

昨季プレミアリーグではリヴァプールの独走優勝を許し、チャンピオンズリーグ(CL)は準々決勝でリヨン相手に敗退。FAカップでも準決勝でアーセナルに敗れるなど、物足りないシーズンを送ったマン・C。特に自陣内でのミスによって失点を重ね、ジョゼップ・グアルディオラ監督就任後初めてリーグ戦で9敗を喫するなど、最後まで安定感を欠き続けた。

Goal 50 発表- 世界最高の選手トップ50

新シーズンはプレミアリーグ優勝、そして2008年のUAE投資グループの買収以降最大の目標に掲げてきたビッグイヤー獲得を目指すことになる。知将の下でリーグ随一の成熟度を誇るマン・Cだが、すでに移籍市場でも積極的に動いており、莫大な資金力を誇る彼らは悲願達成へ向けて今夏も“本気”を出すことになりそうだ。

【GK・DF評価:A】最重要課題はコンパニの代役

Kalidou Koulibaly Napoli 2019-20

昨季は退団したヴァンサン・コンパニの穴を最後まで埋められなかったマン・C。ピッチ内外でリーダーであった彼の退団の影響はあまりに大きく、期待されたジョン・ストーンズやニコラス・オタメンディは低調なパフォーマンスに終始。フェルナンジーニョのCB起用など様々な手を尽くしてはいるが、アイメリク・ラポルトの相棒探しが最優先であることには変わりない。

すでにボーンマスからオランダ代表DFナタン・アケを4000万ポンド(約55億円)で獲得したが、左サイドバックでの起用が濃厚だ。グアルディオラ監督は、直近数年間常に接触を続けてきたナポリDFカリドゥ・クリバリの獲得を何としても実現させたいと考えているだろう。2年前の“ジョルジーニョ問題”でナポリ会長との関係が悪化したため直接的なやり取りはできず、交渉は長引いてはいるが、10月5日の期限までには完了させたいところだ。

【MF評価:S】シルバ退団も選手層はリーグ屈指

Kevin De Bruyne Man City 2020

10年間在籍してクラブの歴史を作ったダビド・シルバが退団。しかし、選手層はリーグ屈指のままだ。中盤3つのポジションをロドリ、フェルナンジーニョ、イルカイ・ギュンドアン、ケヴィン・デ・ブライネ、ベルナルド・シウバ、フィル・フォーデンで争うことになる。

特に昨季プレミアリーグの1シーズン最多アシスト記録(20)に並んだデ・ブライネは全盛期を謳歌しており、新シーズンはリーダーとしてチームをけん引していくことになるだろう。世界最高レベルの競争が繰り広げられているこのポジションで補強に動くことはなさそうだ。

【FW評価:S】サネ退団もすでに代役確保

Ferran Torres Manchester City GFX

レロイ・サネをバイエルン・ミュンヘンへと放出したものの、すでにバレンシアからスペイン代表FWフェラン・トーレスを獲得。憧れであるシルバの背番号「21」を受け継いだ20歳は、そのスピードとフリーラン、ドリブルでペップ・シティに新たな色を加えてくれそうだ。

32歳となったセルヒオ・アグエロも未だ衰え知らずでゴールを重ね、ラヒーム・スターリングは選手として新たなステージに踏み入れた。リヤド・マフレズも真価を発揮し、ガブリエウ・ジェズスも昨季23ゴールを記録と、誰が出場してもゴールを約束してくれる。スカッドの質・量・年齢共に素晴らしいバランスだ。

【総合評価:S】悲願のビッグイヤー獲得へ…

Guardiola Rodri De Bruyne Manchester City 2020

グアルディオラ監督の現行契約は2020-21シーズン限りとなっており、契約延長を拒否したとも伝えられている。そのため、今季は現体制でタイトルを目指すラストチャンスになるかもしれない。

昨季は“失敗のシーズン”とも形容されているが、指揮官が「チャンスを作っているが、苦戦している。そして数少ないチャンスで相手が決める」と振り返る通り、内容自体は例年通りの戦いができていた。それだけに、やはり選手・監督も含めたミスで自滅することだけは避けたいところ。シーズン通して安定感を欠いたバックラインの補強は急務であり、クリバリは喉から手が出るほど欲しいはずだ。セネガル代表DFを獲得できれば、悲願のビッグイヤーも夢ではなくなるだろう。

【そのほかの戦力分析&補強まとめ】
マンチェスター・U編
チェルシー編
トッテナム編
アーセナル編

プレミアリーグ|最新ニュース、順位表、試合日程

▶プレミアリーグ観るならDAZN。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
DAZNの2020年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説  ※
DAZN番組表|直近のJリーグ放送・配信予定  ☆
DAZN番組表|直近の海外サッカー放送・配信予定  ☆
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です
「☆」は提携サイト『 DAZN News 』の提供記事です

閉じる