W杯初優勝時のイングランド代表守護神、ゴードン・バンクスが死去 享年81歳

コメント()
(C)Getty Images

イングランド代表のレジェンドであるゴードン・バンクス氏が死去した。81歳だった。同選手が現役時代に所属していたストーク・シティが発表している。

バンクス氏は現役時代、チェスターフィールドやレスター・シティ、ストーク・シティなどでプレー。イングランド代表として73キャップを記録した。母国開催となった1966年のFIFAワールドカップでは、正守護神として全6試合でゴールマウスを守り、4試合連続クリーンシートを記録。イングランド代表のW杯初優勝に大きく貢献した。個人としても、1966年から6年連続でFIFA年間最優秀GKに選出されていた。

ストーク・シティは「ゴードンが他界したことを伝えるのは大きな悲しみです。我々は打ちのめされていますが、多くの幸せな思い出があります。彼のことを非常に誇りに思っています。また、家族のプライバシーが尊重されることを望んでいます」と、レジェンドの死を悼んだ。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる