【徹底分析】DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?

2018年のJリーグが始まる。Jリーグを最高に楽しむためには見られる環境を整備しておくことも必要だろう。今回はJリーグを放送する『DAZN』について紹介していく。

1ヶ月トライアル

いよいよ26年目を迎えるJリーグ。2018年の『明治安田生命J1、J2、J3リーグ』が23日、ついに開幕となる。

Jリーグの熱心なファン・サポーターなら、2017年からJリーグを中継している『DAZN』(ダゾーン)を利用している方も多いはず。J1、J2、J3を全試合中継しているため、サッカーファンにとって欠かせないツールとなっているからだ。

その一方で「Jリーグの試合は見たいけど、まだ加入していない」という方もいらっしゃるだろう。今回はそんな方に向け、改めて『DAZN』でJリーグを見ることで得られるメリットを紹介していく。

Jリーグを『DAZN』で見る5つのメリットとは、何なのだろうか?

■メリット① J1、J2、J3を全試合放送

すでに触れたように、DAZNはJ1、J2、J3を全試合中継している。

・Jリーグの試合をとにかくたくさん観たい!

という方にはもちろん、

・ホームゲームはスタジアムで見るけど、アウェーにはなかなか行けない方
・スタジアム観戦のハーフタイムに映像をチェックしたい方
・他チームの試合も観たい方

など、様々な用途で使うことができる。「すべての試合がいつでも、どこにいても見られる」というのは、ファン・サポーターにとって安心な要素だろう。

■メリット② Jリーグ・ゾーンで同時視聴が可能!

2017-10-17-jleague-zone

Jリーグを生中継で視聴する上で、リアルタイムのライブ感を味わえるのが『DAZN』の大きな魅力と言える。

好きなチームの試合をじっくり楽しむのもいいが、Jリーグのライブ放映が2試合以上ある時は『Jリーグ・ゾーン』を活用したいところだ。

マルチ画面で試合を楽しめるライブ番組『Jリーグ・ゾーン』では、大画面1つ、小画面2つで計3試合を、一つの画面上でライブザッピングしながら視聴できる。お気に入りのチームをメインに見つつ「順位争いを競っているライバルチームはどうなっているかな?」という、他スタジアムの状況もチェックすることが可能だ。

複数の試合をフォローできるため、注目カードが同時刻で重なったり、異なる試合の動向を同時にチェックしたい人にとって、これはとても便利な機能と言えるだろう。マルチ画面なので、チャンスの局面やゴールシーン、PKなど重要な局面を見逃さずにチェックできる。

画面上では、そのチームや選手の成績をまとめたスタッツを表示させることもでき、他の視聴者によるSNS投稿内容が表示されるサブ画面も設けられている。試合を楽しみつつ、リアルタイムで観戦している他の視聴者の見解も表示させることが可能だ。

番組内ではソーシャルメディアサービスの『twitter』を介して、「#JZN」のハッシュタグがついたツイート内容がピックアップされるので、自身もSNSに参加しながら試合の動向を追う、という楽しみ方もできる。

■メリット③ SNS連動のほか、特殊カメラを用いたライブ感も魅力

『DAZN』ではスタジアム内の臨場感が味わえる「#DAZNピッチサイド」というハッシュタグも運用している。これは専門のスタッフが、注目カードのピッチサイドから選手や監督などの表情を撮影して『DAZN』の公式メディア(twitter、Facebook)を通して公開しているもの。臨場感のあるカメラワークでピッチを間近に感じることができるので、SNSを利用している方なら、こちらのハッシュタグも要チェックとなる。

また、Jリーグ開幕後は見たいカードが『サンデー・Jプライム』の該当試合であるかどうかも事前に確認しておきたいところ。日曜日の該当試合は、通常よりも多いカメラを駆使した中継内容となっており、スーパースローやゴールネットカメラなど、特殊カメラを用いていることで、よりライブの臨場感を楽しめる内容に。

試合観戦に集中し、1試合のみをじっくり見るも良し、その一方で、端末を通して他スタジアムの状況、ピッチサイドからの視点など、様々なアプローチから試合のライブ感を味わうも良し。Jリーグを楽しむうえで、その選択肢は魅力的と言えるだろう。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

■メリット④ ハイライトや事前情報も充実

20180215_DAZN04

『DAZN』はJリーグの試合中継以外にも、さまざまな番組を配信している点も押さえておきたい。

オフシーズンの間は、各チームの始動に合わせて合宿先に潜入した「2018 J1キャンプレポート」や「2018 J1 プレシーズンニュース」で、各チームの動向をチェックすることができる。

「今年は内田篤人選手が鹿島に復帰したよね」「横浜FMのアンジェ・ポステコグルー監督って、ロシア・ワールドカップのアジア最終予選で日本と対戦した指導者だよね」といった新シーズンの注目ポイントもここでカバーできるぞ。

そのほかにも「FEATURE GAME」「FEATURE STORY」では特定の選手やチームにスポットを当てた独自企画は、ファンにとっては見逃せない内容となっているので、DAZN内でお気に入りチームのコンテンツを検索しよう。

Jリーグ開催中は「プレビューショー」「レビューショー」といった番組も用意されている。試合前に次節の見どころを予習したり、前節の試合結果を振り返りたい時など、ぜひチェックしておきたいところだ。

■メリット⑤ 自宅の大画面TVでも、出先でも『DAZN』を楽しむ

『DAZN』を視聴する場合、PCやスマホ、タブレットなどを用いて観戦している方も多いことだろう。

自宅のテレビでも『DAZN』を楽しむこともできるので「大画面のTVでスポーツ中継を見たい!」という方は、ぜひテレビでの視聴環境を設けよう。

いずれも通信環境はマストとなるが、対応機種であるスマートテレビのほか、「Chromecast」や「Fire TV Stick」などがあればTVで『DAZN』を見ることが可能だ。また、ゲーム機である「Xbox One」、「PlayStation3」、「PlayStation4」などの端末があれば、ゲーム内のアプリ機能を介して『DAZN』を視聴できる。

『DAZN』は最大6デバイスまで登録できて、同時視聴も2デバイスまで可能。そのため、TVでJリーグ3試合の中継を見ながら、手元にあるタブレットで異なるスポーツもチェック、なんて欲張りなライブザッピングも実現できる。

それこそ自宅から離れていても、ネット環境があれば端末を介し、出先で中継を楽しむことも可能だ。スマホやタブレット、PCなどを用いて、いつでもどこでも『DAZN』を楽しむことで、これまで以上にスポーツ観戦が身近に感じることができるだろう。

■番外編 『DAZN』が配信する豊富なスポーツコンテンツ

20180215_DAZN02

番外編として紹介しておきたいのが、『DAZN』がJリーグに加えて欧州の主要リーグも放映しているという点だ。

プレミアリーグ(イングランド)、リーガ・エスパニョーラ(スペイン)、ブンデスリーガ(ドイツ)、セリエA(イタリア)、リーグ・アン(フランス)といった欧州主要リーグはもちろんのこと、日本代表FW久保裕也、MF森岡亮太の主戦場であるジュピラー・リーグ(ベルギー)も配信している。

さらには各リーグのカップ戦(FAカップ、カラバオカップ、DFBポカール、コパ・デル・レイ、コッパ・イタリア)といった、リーグ戦とは異なるコンペティションもカバー。そして18−19シーズンから、ヨーロッパ最強クラブを決める“最高峰の戦い”である、UEFAチャンピオンズリーグの放送も決定している。これはヨーロッパサッカーが好きな方にとって、必見の試合が目白押しとなるはずだ。

『DAZN』が配信しているコンテンツはサッカーだけにとどまらない。プロ野球(NPB)、バレーボール(Vリーグ)、総合格闘技(UFC)、テニス(ATP、WTA)、モータースポーツ(F1)、ダーツ、馬術競技など、ここでは書ききれないほどの全世界のスポーツエンターテインメントを網羅している。

それこそ日本時間で日曜の夜に「サッカー日本代表選手の出場試合を見たいけれど、同じ時間帯にF1グランプリ決勝の生中継がある……どっちを見よう」なんて状況も十分に起こり得る。週末の夜は見ておきたいコンテンツが山積み、ということも多々あるのだ。

たとえ時差の関係により、ライブで見るのが難しかったとしても、後日空いている時間に、見逃し配信でゆっくりチェックする、もしくは注目ポイントだけサクッと楽しむ、なんて使い方をするのもいいだろう。

■まとめ

もし「まだDAZNを利用したことがない」という方は、登録すれば1カ月間無料でサービスを楽しめる。無料期間のサービスをフル活用し、『DAZN』の視聴を継続させるかどうかは、1カ月後に決断しても遅くはない。

Jリーグが好きなら、特定のクラブを応援しているなら、『DAZN』で楽しまない手はないはずだ。

文=千葉正樹(フリーエディター&ジャーナリスト)

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

誰でも簡単!DAZNで明治安田生命Jリーグを見る方法とは?

まずは『DAZN』の登録ページに行き、「 1ヶ月間の無料体験を始める 」をクリックしよう。

DAZN加入画面

「アカウントの作成」が表示されたら、以下の3つを記入しよう。

・名前
・メールアドレス
・パスワード

3つの項目を記入すれば完了だ。「次のステップへ」をクリックしよう。

B_dazn2

残るのは「支払い情報」だけ。

ここでは……

・クレジットカード

または

・デビットカード

こちらの情報を登録しよう。(最初の1ヶ月は無料!)

C_dazn3

広告

これで登録はすべて完了!DAZNの公式ページに行き、好きな試合を見てみよう。

1ヶ月トライアル

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZN(ダゾーン)が「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
「見逃し配信はいつまで?」DAZNに関する4つの疑問にCEOらが回答
DAZNの月額料金は?Jリーグやラ・リーガを放送、お得に見る方法も?
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介

次の記事:
開幕6連勝も守備の要ファン・ダイクが負傷交代…クロップ「深刻ではないはず」
次の記事:
香川真司、今季初先発も地元紙は厳しい評価「爪痕を残そうとトライしたが…」
次の記事:
同じ広島でカープは優勝争いも…青山敏弘、サンフレッチェに「その言葉はまだ早い」
次の記事:
鎌田大地が2試合連続弾!遠藤、富安先発のシント=トロイデンが今季初3連勝/ジュピラーリーグ第8節
次の記事:
ローテ採用のレアル・マドリー、低調プレーで観客を苛立たせながらアセンシオ弾で薄氷の勝利/リーガ第5節
閉じる