J1最終順位が確定!広島、鹿島が来季ACL出場権を獲得…名古屋が逆転残留、磐田が参入PO決定戦へ

コメント()
©J.LEAGUE
2018シーズンの明治安田生命J1リーグの最終順位が確定した。

明治安田生命J1リーグは1日に最終節が開催。今シーズンの全日程が終了し、最終順位が確定した。

J1は川崎Fが昨年に続いて優勝を達成。2位に広島、3位に鹿島が入り、この3チームが来季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を獲得した。なお、4位の札幌にもACL出場権獲得の可能性があり、天皇杯で鹿島が優勝した場合に繰り上げ出場となる。

一方でJ2に降格したのは、17位の柏と18位の長崎。柏は9年ぶりの降格となり、長崎は1年でのJ2降格となった。そして、J1参入プレーオフに出場する16位には磐田が入った。磐田は12月8日の決定戦で、横浜FCと東京ヴェルディの勝者と対戦。引き分け以上でJ1残留が決まるが、敗れた場合はJ2降格となる。

2018シーズンのJ1最終順位は以下の通り。

1位:川崎フロンターレ(69、30)
2位:サンフレッチェ広島(57、12)
3位:鹿島アントラーズ(56、11)
4位:北海道コンサドーレ札幌(55、0)
5位:浦和レッズ(51、12)
6位:FC東京(50、5)
7位:セレッソ大阪(50、1)
8位:清水エスパルス(49、8)
9位:ガンバ大阪(48、-5)
10位:ヴィッセル神戸(45、-7)
11位:ベガルタ仙台(45、-10)
12位:横浜F・マリノス(41、0)
13位:湘南ベルマーレ(41、-5)
14位:サガン鳥栖(41、-5)
15位:名古屋グランパス(41、-7)
16位:ジュビロ磐田(41、-13)
17位:柏レイソル(39、-7)
18位:V・ファーレン長崎(30、-20)

カッコ内は勝ち点、得失点差

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
「コウ・イタクラって誰?」マンチェスター・C現地紙が新契約の板倉滉を紹介も…
次の記事:
プレミア他クラブにとっては悪夢? デ・ヘア、今後のキャリア全盛期もマンチェスター・U在籍希望か
次の記事:
乾、北川…求められる控え組の爆発。1位突破を懸けたウズベク戦で停滞感を打破できるか?
次の記事:
「皆めっちゃディスってきますが…」 UAEでの苦労から成長を語る塩谷司。真夏の熱湯シャワー、冷房故障…
次の記事:
原口元気、左サイドでコンビを組む長友との連携面は…「感覚的な部分ですり合わせが必要」
閉じる