FIFA公式が日本とベトナムの戦いに賛辞「堂安律が常に危険な存在に」「非常にスピード感のある戦い」

コメント()
©Getty Images

▶期間限定2ヶ月間無料トライアル実施中!サッカー観るならDAZNで。

アジアカップ2019は24日に準々決勝が行われ、日本代表がベトナム代表を1-0で下し、4強進出を果たした。FIFA(国際サッカー連盟)は「非常にスピード感のある戦いだった」と、両国の戦いに賛辞を述べた。

日本は序盤からベトナムの堅守を前にゴールを奪えず、逆に素早いカウンターからピンチを招く場面があった。それでも後半に堂安の突破からPKを獲得すると、これを堂安自身が決め、苦しみながらも1-0で勝利した。

FIFAは公式サイトで「両者の戦いは目を離すことができないほど非常にスピードがあった。特にベトナムには感銘を受けた。彼らはグエン・コン・フオンが危険な存在となり、ゴールを目指した。一方で日本は吉田麻也と冨安健洋の両センターバックがそびえ立ち、ベトナムにリードを与えなかった」と、迫力のあるベトナムの攻撃、それを阻止した日本の守備を称賛した。

その中でも特に「堂安律が常に危険な存在となり、最終的にはVARでPKをもたらした」と勝利の要因に言及。「ベトナムは先制をされてもパニックにはならなかったが、明確なチャンスを生み出せなかった」と述べた。

ベトナムメディアの『soha』は、「FIFAは2019年のアジアカップで何度もベトナムを称えていた。ベトナムに対しては多くの前向きな評価を受けた。これは我々が将来、さらに多くの努力をする動機となる」と、敗れはしたものの、自国の健闘ぶりを称えていた。

▶期間限定2ヶ月間無料トライアル実施中!サッカー観るならDAZNで。

DAZN2ヶ月無料

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる