CL出場権への執念!アーセナルがビッグロンドンダービーを制す/プレミアリーグ第23節

コメント()
Getty Images
5位アーセナルが4位チェルシーとの差を縮める勝利を手にした。

現地時間19日、イングランド・プレミアリーグは第23節が行われ、アーセナルとチェルシーによる197回目のビッグロンドンダービーは2-0でアーセナルが勝利した。

4位チェルシーと5位アーセナル。勝ち点差「6」で迎えた、来季のチャンピオンズリーグ出場権を争うシックスポインターは、絶対に負けられないアーセナルが気迫のこもったプレーで立ち上がりからチェルシーを圧倒する。

最初のチャンスは4分、右サイドを抜けたアレクサンデル・ラカゼットの折り返しをゴール前で合わせたのはピエール=エメリク・オーバメヤン。しかし、これはうまく合わせられず、ゴール左へと外れる。

その後も、自陣からパスを繋いでいくスタイルのチェルシーに対し、アーセナルは高い位置からの連動したプレスで考える時間を奪い、素早い攻守の切り替えでチェルシーを凌駕していく。13分には、左サイドからのルーカス・トレイラのFKをゴール前のローラン・コシールニーが頭で合わせるが、この決定機はGKケパが正面ではじいた。

そして14分、ショートコーナーからペナルティーエリア内右で受けたラカゼットが、角度のない位置から右足を振り抜く。これがゴール右上に突き刺さり、攻勢のアーセナルが先制に成功する。

攻勢を続けるアーセナルに対し、成す術なく先制を許してしまったチェルシーは18分に反撃。ダビド・ルイスのロングフィードに抜け出したペドロが、飛び出したGKベルント・レノの頭上を超えるループシュート。しかし、これはゴール右へとわずかに外れる。

それでも、ジョルジーニョがアーロン・ラムジーによって潰されてしまい、思うようにビルドアップができない状況の中、39分にアーセナルが追加点を挙げる。右サイドからのトレイラのFK。ファーサイドに流れたボールを拾ったセアド・コラシナツが落とし、ペナルティーエリア手前で受けたソクラティス・パパスタソプーロスがボレーでゴール前に入れ直す。これをゴール前に残っていたローラン・コシールニーが頭で押し込んだ。

2点を追いかけるチェルシーは前半終了間際、右CKをマルコス・アロンソが頭で合わせるも、ヘディングは左のポストを叩き、2点ビハインドのまま試合を折り返した。

後半、チェルシーが反撃に出てアーセナルは我慢の時間帯が続く中、70分にベジェリンが左の膝を負傷。モハメド・エルネニーとの交代を余儀なくされる。

ロス・バークリー、オリヴィエ・ジルー、カラム・ハドソン・オドイを投入して攻勢に出るチェルシーだが、アーセナルも前半同様に攻守の切り替えが早く、必死の守備で決定機を与えない。アクシデントでベジェリンを失いながらも慌てず、最後までチェルシーにゴールを許さなかったアーセナルが、CL出場権を争うライバル相手に完封勝ちを収めた。

■試合結果
アーセナル 2-0 チェルシー

■得点者
アーセナル:ラカゼット(14分)、コシールニー(39分)

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる