C・サンチェスが再び非難の的に?「SNSは彼を許さない」地元紙が辛辣な意見…日本戦退場で殺害予告も

コメント()
©Getty Images
日本戦に続いて、イングランド戦でもPKを献上するファウルを犯したカルロス・サンチェスに地元メディアが厳しい意見を投じている。

コロンビア代表MFカルロス・サンチェスが、日本代表戦の開始3分にハンドを犯して退場したシーンは記憶に新しいが、3日に行われたラウンド16のイングランド戦でも、PKを献上するファウルを犯してしまった。『マルカ』コロンビア版は、同選手を「W杯で最も罰則を科された選手」と紹介している。

コロンビア代表は、3日に行われたロシア・ワールドカップ決勝トーナメント1回戦でイングランド代表と対戦。前半はスコアレスで折り返したが、53分にC・サンチェスが、PA内でハリー・ケインを倒してしまう。間近で主審が見ていたため、すぐさま笛を吹き、PKスポットを指さした。コロンビアは必死の抗議を試みるも、判定は覆らず。結局、ケインに決められ先制点を許した。

コロンビアは終了間際にジェリー・ミナが今大会3つ目のヘディング弾を決め、勝負の行方は延長に持ち越されたが、120分でも決着はつかず。PK戦ではマテウス・ウリベとカルロス・バッカが外し、PKスコア3-4で敗れ、8強進出を逃した。

『マルカ』コロンビア版は、「サンチェスが再びペナルティを犯した。今度はハリー・ケインにだ。イングランド選手の罠に落ちてアメリカ人のマーク・ガイガー主審の前でケインを投げ飛ばしてしまった」と振り返りつつ、「彼のワールドカップは不運に終わった」と評価を下している。

また、中南米のサッカーメディア「bolavip」は、「SNSはカルロス・サンチェスを許さないだろう。再び犯したファウルによって非難は避けられない」と伝え、SNSで上がったC・サンチェスへのコメントを紹介している。

「カルロス・サンチェスは蚊の脳を持っているのか」
「カルロス・サンチェスの最大の敵はカルロス・サンチェスだ」
「カルロス・サンチェスよ、あなたはパブロ・エスコバル以来コロンビアに起こった最悪のことだ」

一方で、同選手のツイッターのリプライには、健闘を称えるコメントも多く見られた。「あなたのことをサポートしている」、「ありがとうサンチェス」、「私たちに希望を与えてくれてありがとう。あなたは戦士だ」といったエールが寄せられている。

C・サンチェスは、グループリーグ初戦の日本戦で、開始3分に手でシュートブロックをしたとして一発退場。試合の大部分を10人で戦ったコロンビアは日本に1-2で敗れた。その後、同選手のツイッターには誹謗中傷や殺害予告とみられる投稿が殺到していた。

物議を醸したC・サンチェスの2つのファウル。しばらくこの話題は、静まる気配がないようだ。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
アンデルレヒトがMFジュリを獲得…ライバル出現も森岡亮太は「残留希望」か
次の記事:
3戦を振り返る森保監督「僕が言ったことだけでなく」…メディアにもオープンな姿勢を求める
次の記事:
ヴァイグルを強く求めるPSG指揮官トゥヘル「依然として興味深い選手」
次の記事:
森保監督、次戦先発は「ギリギリまで悩む」。サウジへは警戒感示す「アジアでもトップクラス」
次の記事:
札幌と広島が参加のJリーグアジアチャレンジinタイ、DAZNで全試合ライブ配信!
閉じる