3年半経ってもファン・ハールへの恨みを忘れず?ディ・マリア「おかげでPSGで輝きを取り戻せた」

コメント()
Getty Images

パリ・サンジェルマンのアンヘル・ディ・マリアは、マンチェスター・ユナイテッド時代の指揮官であるルイ・ファン・ハール氏について口を開いた。

2014年にレアル・マドリーから当時のイングランド歴代最高額である約5970万ポンド(当時約101億円)でマンチェスター・Uに加入したディ・マリア。しかし、オールド・トラッフォードで十分な活躍をできず、わずか1シーズンでクラブを退団した。

当時の指揮官であるファン・ハール氏からディ・マリアはミスを度々非難され、時間とともに状態やパフォーマンスを落としていった。『France Blue』で苦難のマンチェスター・U時代について振り返った同選手は、オランダ人指揮官に向けて皮肉ともとれる発言を残した。

「1年だけしかいなかった。僕のキャリアの中でベストな時ではなかったし、むしろ最高の時を過ごさせてもらえなかった。当時、コーチとの間に複雑な問題を抱えていた。でもそのおかげで、僕はPSGに加入できたし、僕自身をもう一度証明することができている」

現在、ディ・マリアはPSGで3年半にわたりプレー。今シーズンのリーグ・アンで2位以下に勝ち点13差をつけ、またチャンピオンズリーグでもグループを首位で通過するなど好調を続けるチームを支える活躍を見せる。そして、2月にはマンチェスター・UとCLベスト16で対戦する。

古巣との対戦を前にディ・マリアは、ジョゼ・モウリーニョ前監督時代の大不振から立て直し、オレ・グンナー・スールシャール監督下で蘇ったレッドデビルズについて「マンチェスター・ユナイテッドは新しい監督とともに大きく変わり、ここのところ負けていない」と警戒感を示し、この一戦向けてコメントした。

「今年のチャンピオンズリーグのスタートは良くなかった。敗退しそうだったところからリヴァプールとレッドスターに勝利した。この2試合は大きく、決定的なものだった。今はとにかく自分たちのことだけを考えなくてはならない。僕たちが上手くやれれば、全てが上手く行くはずだ」

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる