鹿島、東京五輪世代U-21代表FW上田綺世の2021年加入内定を発表!

コメント()
©Getty Images

鹿島アントラーズは12日、法政大学の上田綺世が2021年に加入することが内定したと発表した。

上田は茨城県出身の20歳。182センチの長身FWで、現在は法政大学でプレーしている。鹿島は「身体能力の高さと正確なシュート技術を併せ持つ、オールラウンダーなストライカー。動き出しとゴール前のポジショニングにも優れ、点取り屋に必要な能力を兼ね備える」と紹介。

年代別の日本代表にも名を連ねており、U-21日本代表のメンバーとして出場した昨年のアジア大会では、6試合に出場して3得点を記録した。2020年の東京オリンピック出場も期待されている。

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

【オリンピック特集】ファン必見!注目記事・動画まとめ
※記事はIOC公式サイト『Olympic Channel
【動画】サッカー リオ五輪ベストゴール集
【動画】サッカー リオ五輪決勝ブラジル対ドイツ フルマッチ
【動画】サッカー 北京五輪決勝ナイジェリア対アルゼンチン フルマッチ
【動画】サッカー バルセロナ五輪決勝ポーランド対スペイン フルマッチ

閉じる