香川真司に対する獲得オファーは?ドルトムントSD「残ることになっても問題とは見ない」

コメント()
Getty Images
移籍ウィンドウもあと4日で閉幕…。

▶期間限定2ヶ月間無料トライアル実施中!サッカー観るならDAZNで。

ボルシア・ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)は、ドイツ『スカイ』で、移籍を望む日本代表MF香川真司についてコメントしている。

この冬でのスペイン行き志願を口にした香川だが、いまだリーガのクラブが獲得に動き出す気配は見られず。移籍が今夏に持ち越す可能性も噂される一方で、『ビルト』はドルトムントが200万~300万ユーロ(約2億5000万~3億7000万円)程度の移籍金で、同選手の完全移籍を容認する構えと報じた。

ツォルクSDは、26日に行われたブンデスリーガ第18節ハノーファー戦(5-1)直前のインタビューで、『スカイ』にこの試合でもベンチ外となった香川の状況について問われると、「シンジは功労者であり、優勝チームのメンバーでもあった。当然、彼は満足していない。我々は彼と何度か話をしている」と返答。次のように続けている。

「もしオファーが届いていれば、我々は前向きに対応するつもりだ。だが、彼が残ることになっても我々はそれを問題とは見ない」

ツォルクSDは、オファーの存在についてはやや否定的な見解を示したうえで、香川をいかなる条件をのんでまで放出する考えはないことを示唆。現時点で、ルシアン・ファーヴル監督の構想には入っていない香川だが、ドルトムントに残留した場合、クラブ幹部にはチームの一員として扱い続ける考えもあるようだ。

▶期間限定2ヶ月間無料トライアル実施中!サッカー観るならDAZNで。

DAZN2ヶ月無料

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる