青山敏弘、広島時代に共闘した塩谷司のスーパー弾に「彼はあれが普通。だが、大舞台で出せるのは凄い」

コメント()
(C)Getty Images

日本代表は17日、アジアカップ2019グループF最終節でウズベキスタン代表と対戦し、2-1で勝利した。試合後、この試合で先発した青山敏弘がコメントを残した。

前節のオマーン代表戦から10選手を入れ替えて試合に臨んだ日本は、序盤にペースを掴むもチャンスを決めきれないでいると、40分にショムロドフにゴールを奪われて失点。それでも直後の43分、武藤嘉紀のヘディングシュートで同点に追いつく。後半、攻勢に出た日本は58分に塩谷司の強烈なミドルシュートが決まり、逆転に成功。そのままリードを保ち、3連勝で決勝トーナメント進出を決めた。

主将として中盤の底で奮闘した青山は試合後、「1,2戦目で皆に勝ってもらって、次は自分たちの番で、この流れは絶対に止めたくなかった。先制されて厳しい試合でしたけど、みんなで勝ちきってチームがまた一つになったのではないかと思います」と、勝利に安堵。失点直後の同点弾については、「あれは大きかったですね。誰も下を向いてなかったですし、あの時間で点を取れたことが逆転につながったと思います」と、チームの巻き返しに満足していた。

さらに、以前にサンフレッチェ広島で共闘した塩谷のスーパーゴールについては、「本当に凄いの一言。ただ、彼はあれが普通なんで。自分はよく見てきました。この大舞台でそれを出せる彼の強さは心強い」と、塩谷の大一番での強さに感嘆の声をあげた。

そして最後に決勝トーナメントに向けて、青山は「勝ってますけど、皆さんが納得できるような試合はまだできていない。ここで自分たちも力になれたという勝利だと思うので、この勢いを決勝トーナメントにぶつけていきたいと思います」とパフォーマンスの向上を目指すことを強調。「一番上を目指してます。一つ一つが決勝という思いでやっていきたい」と、勝って兜の緒を締めた。

日本は今後、21日に行われるラウンド16でグループEの2位通過チーム(カタールorサウジアラビア)と対戦する。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる