降格圏ボローニャに不覚のインテル、スパレッティ「強い気持ちがないと反撃できない」

コメント()
Getty Images
インテルのルチアーノ・スパレッティ監督は、残留争いを演じるボローニャに敗れ、落胆した。

インテルの指揮官ルチアーノ・スパレッティが、3日のボローニャ戦終了後、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、敗戦の弁を述べた。

3位インテルは3日、セリエA第22節において降格圏のボローニャとジュゼッペ・メアッツァで対戦。春節に合わせて中国語のユニフォームで臨んだが32分、シニシャ・ミハイロヴィッチ新監督の下で勢いを取り戻したボローニャに先制点を許すとその後の猛攻も実らず、0-1で敗れた。これで公式戦3連敗を喫し、スパレッティは失望を隠せない。

「明らかに不満に思うところがいくつかあったが、明日、まとめて話し合い、試合を分析するつもりだ。選手たちは怖気づいてしまい、簡単に窮地を作ってしまった。それにチャンスで決めることができず、失点してしまえばすべてが難しくなってしまう。強い気持ちがなければ、反撃することができない。追う展開になると冷静さを失ってしまう。それでもチームは私についてきてくれているように見える」

試合終了後には、ホームの観客から抗議の口笛が浴びせられたが、指揮官は動じる様子を見せない。

「試合終了後の口笛はこれまでも何度かあった。拍手と同様に、あらゆる場所で受けてきたので何とも思わない。我々は常にプロフェッショナルな姿勢で取り組んで行くだけだ。ただファンはチケットを買って見に来ているので、もっと違ったものを期待しているのも分かる。それにインテルというチームであればなおさらだろう」

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる