長谷部誠をマークでフランクフルトを攻略?地元紙「ゲームの組み立てにブレーキがかかった」

コメント()
(C)Getty Images
フランクフルトはヴォルフスブルクに続きヘルタにも敗戦。相手チームが講じる“長谷部対策”とは?

フランクフルトは現地時間8日に行われたブンデスリーガ第14節で敵地でヘルタ・ベルリンに0-1で敗れ、今季2度目のリーグ戦連敗。地元紙『フランクフルター・ルンドシャウ』は、リベロ役を務める元日本代表MFの長谷部誠にマンマークがつけられたことを一つの敗因と見ているようだ。

この試合で15試合連続フル出場を果たした長谷部だが、40分にはCKに頭を合わせるMFマルコ・グルイッチとの空中戦を競り合えず失点に関与。今季これまで公式戦30点以上と爆発中の攻撃陣は最後のところで精度を欠き、FWルーカ・ヨヴィッチも終盤にペナルティーエリアで倒されたように見えたがPKを与えられず、スコアはそのまま動かなかった。

『フランクフルター・ルンドシャウ』はマッチレポートで敗戦につながった一つの要素として「(ヘルタFWの)デイヴィ・ゼルケが長い間、FWではなくDFだったこと」を指摘。「彼はフランクフルトのリベロ、マコト・ハセベをマンマークしたことにより、アウェーチームの組織的なゲームの組み立てを封じ込めた」と綴り、「結果、(長谷部が)ロングボールを送ることになったが、それらは効果的ではなかった」とも続けた。

採点を行わず、学校のクラスに例えて選手たちを評価する同紙だが、長谷部に関しては “イマイチ”のカテゴリーに選び、チーム6位のパフォーマンスとやや低めに評価。寸評では「リベロは(前節)ヴォルフスブルク戦に続き、再びマンマークをつけられた。普段は逆のため慣れない光景だが、フランクフルトのゲームの組み立てに大きくブレーキがかかったため、(相手の意図は)理解できるだろう。ハセベはそれでもしっかりプレーしたが、失点の場面では11センチほど背が高いグルイッチとの空中戦で敗れてしまった」と記している。

なお公式戦11試合負けなしという記録がストップした前節ヴォルフスブルク戦(1-2)では、敵将ブルーノ・ラッバディア監督が「ハセベからのフォワードへのパスを防ぐ狙いだった」と話していた。絶好調だったフランクフルトを攻略する手段として、前線の選手に長谷部をマークさせる狙いが生まれ始めている。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
超一級品のゴールで4試合連続弾のラッシュフォードにクラブ重鎮は「信じがたい才能」「世界最高選手の一人になれる」
次の記事:
インテルCEO、イカルディの残留を確信「問題はいつサインするかだけ」
次の記事:
アーセナルレジェンド、ラムジーのユーヴェ行きは「吐き気を催す」 クラブを批判
次の記事:
カーディフ、クラブ史上最高額でナントからストライカー獲得…今季リーグ・アンで12ゴール
次の記事:
ファーディナンド、ジョルジーニョを糾弾 「走れない」「守備できない」「アシストできない」
閉じる