長谷部誠をフランクフルト指揮官が大絶賛!「ブンデスで最もインテリジェントなDFの1人」

コメント()
(C)Getty Images
16試合連続フル出場中の長谷部誠を、アディ・ヒュッター監督が手放しで褒め称えた。

フランクフルト率いるアディ・ヒュッター監督は、元日本代表MFの長谷部誠に全幅の信頼を寄せている。地元紙『フランクフルター・ルンドシャウ』のインタビューに応じた際、「ブンデスリーガで最もインテリジェントなDFの1人」と絶賛した。

長谷部は今シーズンの序盤こそロシア・ワールドカップの影響もあり出遅れたものの、9月20日のヨーロッパリーグ・マルセイユ戦以降は16試合に連続フル出場。夏に就任したヒュッター監督は、前任のニコ・コバチ監督(現バイエルン・ミュンヘン指揮官)が導入した3バックを基盤として、攻撃によりアクセントを加えるプレースタイルを採用している。そして、その中央に君臨するのが長谷部だ。

リベロ役を務める長谷部は以前よりも大きな存在感を発揮しているように見える。来月に35歳の誕生日を迎えるベテランについて、「スプリンタータイプではない彼をこれほど強力な存在にさせる要素は?」と問われたヒュッター監督はこのように答えた。

「マコトの頭脳がスプリントしているからだ。フィジカル面では勝てない相手もいるかもしれないが、前もってボールが向かう方向を把握したり、感じ取ることができれば、物事がより簡単になる。彼のプレーやゲームを読む力は、もはや信じられないレベルだ。(これに関して)彼より優れている選手はいないね」

フランクフルトでは今季公式戦30ゴールを超える破壊力を見せるルーカ・ヨヴィッチやセバスティアン・アレル、アンテ・レビッチのFW陣に注目が集中。ヒュッター監督は以前にも彼らに関するコメントを求められた際、守備陣で中心的な役割を担う長谷部の重要性を強調してきたが、このインタビューでもあらためて同選手のチームにとっての価値に言及している。

「我々のチームでは彼が絶対的なキーパーソンだ。彼はブンデスリーガで最もインテリジェントなDFの1人だよ。我々がこれほど良いシーズンを送っているのは彼の素晴らしい貢献があるからだ」

公式戦11試合負けなしと絶好調な2カ月半を過ごしたフランクフルトだが、12月に入ってからのリーグ戦2試合は連敗で現在5位に位置。メディアにはいずれの試合でも敗因の1つとして「相手FWによるハセベに対するマンマーク」と指摘された。なお、フランクフルトは現地時間13日に行われるヨーロッパリーグ・グループHでラツィオと敵地で対戦するが、国外の相手でも長谷部はマークをつけられるのだろうか。

▶UEFAヨーロッパリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
レアル・マドリー、バルサ、チェルシーでエリクセン争奪戦か…契約は来季終了まで
次の記事:
過熱する移籍先報道に…オランダの俊英MF「決断を急ぐことはないけど、早く終わってほしい」
次の記事:
【LIVEテキスト速報します】森保ジャパン、弾みつけ決勝Tへ!日本代表vsウズベキスタン代表
次の記事:
ベルギー代表MFデンベレの中国リーグ移籍合意が発表…ストイコビッチ指揮の広州富力に加入へ
次の記事:
前レアル・マドリー所属のモラタ、アトレティコへの移籍が間近か
閉じる