ニュース ライブスコア
アジアカップ

長友佑都、ベトナム戦の苦戦を予想「彼らは永遠に走れるんじゃないか…」

15:02 JST 2019/01/24
2019-01-23-nagatomo.jpg

日本代表は24日、アジアカップ2019の準々決勝でベトナム代表と対戦する。ラウンド16のサウジアラビア戦から中2日での試合と疲労が心配されるが、DF長友佑都は「思ったほど疲れはない」としながらも、ベトナムとの一戦は苦戦すると予想した。

「苦しい試合を乗り越えたので1つチームとしても自信が生まれています。ただ、ベトナム戦があるにもかかわらず、準決勝でイランと当たるとか、そういう記事を見たりしますけど、そういうことを考えている選手はいないと思います。たぶん考えていたら足元をすくわれると思いますし、明日は苦戦しますよ。間違いなく簡単には勝てない試合だと思います」

これまでの試合を振り返って、相手を分析したと語った長友はベトナムに対し「彼ら、ホント永遠に走れるんじゃないかっていうくらい走りますよ。2度追い、3度追いも何の苦痛もなくやってくるので、苦しい顔も全くせず。ムチャクチャですよ、これは」と相手の走力に警戒心を高めた。

また、中盤を厚くし、守りを固める戦術が予想される相手に対し、長友は自身のポジションであるサイドがポイントになると語った。

「サイドからどうやって崩せるかというのはかなり大きなポイントになると思います。スペースは全然ないと思うので、日本がボールを持ってキレイなサッカーをしようと思ったら、うまく潰されて、ショートカウンター食らう形になる。キレイなサッカーだけでは勝てないと思うので、どんどんクロスを入れたり、放り込む場面も必要ですね」

今大会から出場国数が24カ国に増加し、優勝まで計7試合を勝ち進む必要がある。アジアカップ3大会連続出場の長友もこの試合数に関しては「もう長げなっていうのが正直なところ」と苦笑いしながら答えた。

「まだ優勝まで3試合あるんですよね。3試合勝たなきゃいけないってことは長い道のりだなと感じますね。でも、肉体的な疲労が来ても、精神面でカバーできると思うので、そういう精神的な部分とか、みんなが苦しくなっている時にどういう声掛けを自分がするか。自分の言葉でみんなを少しでも楽にさせてあげられればいいなと思っています」

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ