鎌田大地と豊川雄太が日本人対決でともにゴール…軍配上がったのはシント=トロイデン

コメント()
(C)Getty Images

ジュピラーリーグ第24節が3日に行われ、シント=トロイデンとオイペンが対戦した。

シント=トロイデンは鎌田大地、オイペンは豊川雄太が先発して日本人対決が実現。さらに、シント=トロイデンの方は関根貴大、そして木下康介がベンチ入りを果たした。

すると9分には試合が動く。オイペンがロングシュートで狙うと、ディフレクションのあったボールはポストに直撃。これを豊川が抜け目なく頭で押し込み、先制に成功する。豊川は2試合ぶりの得点となった。

しかし、シント=トロイデンの日本人も黙っていない。19分、右サイドからのクロスのこぼれ球を鎌田がダイレクトでボレー。ゴール左隅へGKが一歩も動けないシュートを叩き込む。鎌田は今季11得点目。

さらに36分にはヨハン・ボリにもゴールが生まれ、シント=トロイデンが前半のうちに逆転に成功する。後半に入っても、シント=トロイデンがワンチャンスを活かし、81分に追加点を挙げる。

終了間際にはダメ押し弾も生まれ、シント=トロイデンが4-1と勝利し、連勝を飾っている。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる