酒井宏樹、ベトナムを下してのベスト4進出に安堵「苦しみながらですけど…」

コメント()
Getty Images

24日の1-0で勝利したアジアカップ2019準々決勝のベトナム代表戦にフル出場した日本代表DF酒井宏樹は、試合後のインタビューでこの一戦についてコメントした。

辛くも勝利したこの一戦について「まあ苦しみながらですけど…。ある程度、集中力が切れるまでは難しい相手だと思っていたので、上手く乗らせてしまいましたし、簡単な試合ではなかったかなという感じですね」と酒井は振り返った。

「チームとしてはというより、個人として、とにかく90分あるので、自分たちからバランスを崩して自滅するようなことではなく、しっかりと45分戦った上で、後半もやっていきたかったです。ただ、前半はちょっと難しい展開になってしまったので、積極的に前にというよりは、なるべく様子を見ながらでした。後半少しずつ位置を高くして、点が入ってからはバランスを見ながらプレーしました」

苦しんだと認めた前半には、ベトナム代表の10番グエン・コン・フォンに手を煩わされていた。このことについて酒井は「収められるようではダメですし、そこは僕らが責任をもって抑えないといけないです。2枚のCBがいた上で10番にボールを持たれていたので、あれが強い選手だと考えたら恐ろしいことになってしまいます」と課題が残ったと話した。

「(ベトナム特有のリズムに対してのやりにくさは)もちろんありました。それにトーナメントなので格下はいないです。逆に、W杯でいえば僕らが格下で、ベルギーは2-0になるとまでは思っていなかったはずです。だから、本当に何が起こるかわからないので、そのテンションでピッチに立ちましたし、全然油断はしていないです。そういうことがチームに行き渡っているので、良い傾向かなと思います」

また、攻撃面について「今日に関しては、後半は特にバランスが良かったです。僕から(南野)拓実、拓実から(堂安)律という3人目がいけたりできていました。欲を言えば、律から拓実、拓実から僕とか、そういう3人目、三角形も作りたいです。形は作れるようになってきましたね」と手ごたえがあったと語った。

しかし「1-0になってからはやっぱり形が作れなくて。どうやってボールを回していくのかということはありましたし、苦し紛れのロングボールを僕のところでヘディングで勝てなくて、前に落とすことができなかったというのがありました。けっこう押し込まれた時間はあったので、詰まったときのボールの動かし方というのは、課題かなと思っています」と次戦に向けて改善の必要があると主張した。

攻撃面での堂安との連携が以前よりも良くなっていると話した酒井は、工夫次第では十分に相手をトラブルに陥れることができると話した。「律がドリブルしたときに、少し間合いが空くようになったので、僕が外から回ったり、内から回ったり、誰か3人目を経由したりとか、そういうことができるようになってきました。最後までお互いを信じて、最後のタイミングでチョンと角度を変えるだけで、相手のDFは付いて来られないと思います。そこは一番相手をはがせるタイミングなので、最後まで見ています。クロスも同様で、最後の最後でタイミングをずらして良い位置に入ってくれるというのを信じています」

一方で守備面については「不安定な部分はみなさんが見ての通りありましたけど、しっかり要所、要所を締めていました。トミ(冨安健洋)がすごい成長していて良かったなと思います。すごく頼もしいですし、プレッシャーをかけられても落ち着いています」と冨安への賛辞を送った。

後半には右脚を痛める場面があった酒井だが「めちゃくちゃアフターでしたね。まあ寝て治します」と問題のないことを強調。28日の準決勝イラン代表戦にも問題なくプレーできそうだ。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる