「試合を強行しようとしていた」ボカ&リーベル両者が南米サッカー連盟への不信感をあらわに

コメント()
Getty Images
ボカのバスをリーベルファンが襲撃。コパ・リベルタドーレス決勝第2戦が結果的に延期される事態となったが、南米サッカー連盟は試合を強行しようとしていたようだ。ボカ、リーベル両チームの関係者が不満をあらわにしている。

現地時間24日、コパ・リベルタドーレス決勝第2戦、リーベル・プレートvsボカ・ジュニオルスは、会場入りしたボカ・ジュニオルスのバスが襲撃され、負傷者が出る事態に。結果的にモヌメンタルでの試合は翌25日へ延期されることとなってしまった。

ボカMFパブロ・ペレスは腕と目を負傷。また、カルロス・テベスも催涙ガスによって涙を流し、現地TV局『TyC Sports』に「こんな状況で試合なんてできるわけがない。それなのに試合をやれと言われたよ。信じられないね」と語った。

ボカのフェルナンド・ガゴも「南米サッカー連盟(CONMEBOL)や国際サッカー連盟(FIFA)は僕達にプレーをさせたかったようだ」と発言。

リーベル・プレート指揮官のマルセロ・ガジャルドも「こんな日に試合をしろだなんて馬鹿げている。だが、CONMEBOLや放映権のあるTV局はどうしても今日やらせたかったようだね」と、試合を強行しようとした動きがあったことを明かしている。

試合開始時刻については、24日18時キックオフ予定が19:15開始に変更。だが混乱した状況は収束せず、さらに21:00キックオフへと後ろ倒しされた。

しかし、リーベル、ボカの両チームはこの日の試合は無理であると協議のうえで紳士協定を結び、試合強行に断固拒否の姿勢を見せた。

結果的にCONMEBOLはこの日の試合開催が無理だと判断し、25日17:00(日本時間26日5:00)開始にスライドすることに決めた。CONMEBOLのアレハンドロ・ドミンゲス会長は「これは戦争ではない」と声明を出し、試合の1日延期を発表。だが、その直前まで「トラブルは大きなものではない」と強調し、試合を強行しようとしていた姿勢に批判が集中している。

ファンの暴徒化によって試合が1日延期されたコパ・リベルタドーレス決勝の第2戦。果たして延期された25日の試合は無事にモヌメンタルで開催されるのか。また、負傷者もいるボカの選手たちは問題なく試合に臨めるのか。南米最強クラブを決める一戦で勃発した問題は、余波が広がる状況となっている。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
森保監督が繰り返す「総力戦」…10人入れ替えも「テストではない。総合力をもって勝っていく」
次の記事:
シント=トロイデンがFW木下康介の獲得を発表!クラブも期待「強靭さと速さを持つ」
次の記事:
長友佑都が想起する“2011年の姿”「みんなで優勝を狙える。相手チームも怖いはず」
次の記事:
メッシ&デンベレ躍動!4連覇中王者バルサが3発圧勝、逆転でベスト8進出/国王杯
次の記事:
首位通過に導くスーパーゴール!塩谷司「全部勝ったチームが強い。目指すだけじゃないですか」
閉じる