ニュース ライブスコア
セリエA

親日家デ・ロッシ「日本は大好き」敬遠されるタトゥーにも「伝統には敬意払わないと」

12:26 JST 2018/10/19
2018-10-09-roma-daniele-de-rossi
昨年、日本を訪れたダニエレ・デ・ロッシは、日本愛を語った。

親日家として知られるローマの主将MFダニエレ・デ・ロッシが、18日付のイタリア紙『メッサッジェーロ』のインタビューに応じ、日本について語った。

デ・ロッシは2017年6月、妻のサラ・フェルバーバウムさんとともに日本を訪問しているが、出発前には「日本は僕が大好きな場所の1つ」と話すなど親日家として知られる。インタビューにおいて、今後、訪問したい場所を問われたローマの主将は、日本についても言及している。

「行きたい場所はいくつかある。南米の大部分とか、アルゼンチン、ブエノス・アイレスなどは、サッカーが観光と直結している。ラ・ボンボネーラでボカ(ジュニオルス)対リーベル(プレート)は見てみたいとずっと思っている。それにアメリカンフットボールのスーパーボウルも大好きなので、ちょっと見てみたい。それから中国も。日本はすでに訪問したけど、本当に大好きになったよ。だから向こうの地域を見てみたい」

デ・ロッシは日本訪問中、東京に加え、京都や大阪、広島などを観光したが、自身が両腕などにタトゥーを入れていることから不安を感じていた。

「タトゥーをあまり歓迎していない人がいることを知った。悪い意味でのサプライズを避けるために、どこなら行っても問題がないのか、どこへ行ったらタトゥーを隠すべきなのかを事前に尋ねた。僕らはゲストであるから注意深く、伝統文化には大きな敬意を払わないとね。タトゥーは昔、マフィアを連想するものだったから、高齢の方はあまり受け入れていないようだ。僕はマフィアっぽくないだろ(笑)」

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ