耐え忍んだサウジ戦をベンチから見た乾貴士「この勝ちは大きいと思う」

コメント()
(C)Getty Images

日本代表MF乾貴士が、21日に行われたアジアカップ2019ラウンド16のサウジアラビア戦を振り返った。

2大会ぶり5度目のアジアカップ制覇を目指す日本は前半20分にCKから冨安健洋の代表初ゴールとなるヘディングシュートで先制。その後、とりわけ後半はサウジアラビアの圧力に押される展開に。最終的に23.7%というボール保持率となったが、身体を張った守備で得点を許さず、ベトナム代表が待つ準々決勝に進出した。

この試合、出場機会がなくベンチから日本を見た乾は、「もちろん、ゲーム内容は良かったとは言いきれないですけど、決勝トーナメントの一発勝負の中で、こういう勝ち方ができるというのは日本が成長した部分だと思います。こういう展開で負けるというのは今まで何度も見てきました。自分自身、出場していた選手に『ホントにすごいな』と思いましたし、いい刺激を受けています。チームとしてこの勝ちは大きいんじゃないかと思います」とコメント。サウジアラビア戦に出場したメンバーの奮闘を称え、耐え忍んだ中での勝利がチームにとって自信になると見解した。

中2日で迎える24日のベトナム戦では、選手をローテーションする可能性も十分にある。乾は「出場するかどうかは監督次第なので分からないですけど、常にいい準備をして、出場した時にしっかりやれるように」と意気込み、自身のコンディションについては、「1カ月ぶりぐらいだったあの試合(ウズベキスタン代表戦)は、(自身が)全然良くなかったですけど、80分使ってもらえたのは監督に感謝したいです。試合勘とか体力的なところでもだいぶ取り戻せた部分はあるので、また使ってもらえればそこで結果で返したいなと思います」と語り、調子を上げていることをうかがわせた。

日本がベスト4入りを懸けて戦う準々決勝のベトナム戦は、24日の日本時間22時にキックオフを迎える。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる