町田オーナー、藤田社長「あと1点取れていれば」…J1ライセンス取得に向けても言及

コメント()
©J.LEAGUE

FC町田ゼルビアのオーナーを務め、株式会社サイバーエージェントの藤田晋社長が17日、明治安田生命J2リーグ最終節東京ヴェルディ戦の直後に囲み取材に応じた。

町田は最終戦を1-1で終えて4位でフィニッシュ。藤田社長は試合について「面白かった」と語りつつ、「あと1点取れていれば…(優勝だった)」と唇を噛んだ。

町田はスタジアムの設備などの影響で、J1昇格の権利は持たない。そのため、J1ライセンスを取得するため、練習場など使用地を確保する必要があるとみられるが、藤田社長としてすでに目処が立っている模様。町田市内にできることも明言し、このように語った。

「なんとかなると思います。(目処は立ちつつある?)はい。我々の中では。余計なこと言うと怒られるので(笑)。元々我々が参画する前から準備していたこともあるので、あとは資金面の問題だけであれば、クリアできると思います」

また、最終節で迎え、試合終盤は白熱の様相を呈した「東京クラシック」。東京ヴェルディはかつてサイバーエージェントがスポンサードしていただけに、藤田社長は「元カノに会ったような…」と報道陣の笑いを誘った。

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる