激闘は後半ATに決着…日本代表、ベルギーに大逆転負けで史上初8強ならず/W杯ベスト16

最終更新
コメント()

■ロシアW杯決勝トーナメント1回戦 ベルギー 3-2 日本

ベルギー:フェルトンゲン(69分)、フェライニ(74分)、シャドリ(後半AT)
日本:原口(48分)、乾(51分)

ロシア・ワールドカップ決勝トーナメント1回戦が2日に行われ、ベルギーと日本が対戦。ベルギーが3-2で制した。

グループHを1勝1分1敗で終え、フェアプレー・ポイントの差で2大会ぶりの決勝トーナメント進出を決めた日本。史上初のベスト8進出を懸けた大一番に臨んだ。西野監督は、グループ第1戦、2戦と同じ先発メンバーを採用。1トップには大迫、2列目には原口、香川、乾が入り、中盤底は主将の長谷部と柴崎が組んだ。4バックは酒井宏、吉田、昌子、長友が構成し、守護神は川島が務めている。

そんな日本に立ちはだかるのはベルギー。全ポジションに欧州リーグを代表する選手を揃えるスター軍団だ。グループ最終節は主力を温存してイングランドを下し、日本戦にはルカクやアザールらが休養十分で臨んだ。また、主将コンパニーが先発に入っている。

立ち上がりから積極的にプレスをかけていく日本は、1分に相手のパスミスを拾った香川がいきなりシュート。良い入り方を見せる。7分には、吉田の縦パスから大迫が落とし左の乾に展開するなど、得意のパターンを作っていく。

試合は、ベルギーがボールを握り、日本が構える展開。ベルギーは徐々に前への圧力を強めていき、ゴール前に近づいていく。ルカクらにシュートチャンスが訪れるが、日本守備陣も体を張ってブロックする。24分には、右サイドのクロスに反応したルカクが、エリア内で吉田を抑えて受けようとする。しかし、コントロールしきれなかったボールを川島がしっかりと抑えた。

20分過ぎから、日本は防戦一方に。自陣ゴール前に押し込まれ、ボールを敵陣に運ぶことができない。アザールやコンパニーにシュートを許し、何度も危ない場面を作られてしまう。

日本は30分に左サイドの連携から乾が頭でシュートを放つ。しかし、それ以降ゴール前に侵入することができず、自陣で相手の攻撃を受ける時間が続いていく。ベルギーは攻守の切り替えが速く、ボールを奪ってもすぐに奪い返されてしまう。

それでも、43分に乾のサイドチェンジから、カットインした長友がシュート。GKクルトワが後ろのそらしてしまったが、守護神はなんとかキャッチしている。結局、前半はこのまま終了。スコアレスで折り返した。

■白熱の一戦はシーソーゲームに

後半も同じメンバーで臨んだ日本は、いきなり先手を取る。48分、自陣でボールを奪うと、カウンターを発動。センターサークル付近で受けた柴崎がスルーパスを送ると、フェルトンゲンが触りきれず、走り込んだ原口が受ける。フリーでエリア内まで持ち込んだ背番号8は、右足を振り抜きネットを揺らした。劣勢の展開の中、日本が先制に成功する。

ビハインドを背負ったベルギーも黙っていない。先制点の直後、アザールがポスト直撃の強烈なシュートを放つ。

しかし、次のゴールも日本だった。51分、香川がエリア手前で相手のクリアを拾うと、乾へ渡す。ゴール正面でフリーで受けた乾は、思い切りよく右足を振り抜くと、強烈なシュートがネットに突き刺さった。前半は劣勢だった日本だが、後半開始6分で2ゴール奪ってみせた。

ビハインドを背負ったベルギーは64分、メルテンスとカラスコを下げ、フェライニとシャドリを投入。マルティネス監督は、194cmの長身フェライニを入れて勝負に出る。

すると69分、ベルギーが1点を返す。CKを乾がクリアするが、エリア内でボールが高く上がる。川島の位置を見たフェルトンゲンは、これを直接頭でねらい、ふわっと浮いたボールが枠に収まった。良い時間帯を迎えていた日本だが、失点を許してしまう。

これで息を吹き返したベルギーは、日本に襲いかかる。74分、CKの流れから左サイドで持ったアザールがクロスを送る。ここに飛び込んだのはフェライニ。得意の空中戦を制し、頭で押し込んだ。日本は、6分間で痛恨の2失点を喫してしまった。

ベルギーは、フェライニの投入から空中戦を仕掛け続ける。長身選手の揃う攻撃陣に対し、日本は苦しい展開が続く。流れを変えるため、西野監督は80分に柴崎、原口に代えて山口、そして本田を投入。常に決定的な仕事をしてきた背番号4に、ゴールを託す。

85分、日本にピンチ。クロスからヘディングシュートを2本放たれるが、守護神・川島が2本とも見事な反応で防ぎきった。さらにその1分後にはフェルトンゲンのミドルもストップ。川島が、最後方から選手たちを鼓舞する。

しかし、最後の最後で逆転弾を許してしまった。後半アディショナルタイム、CKからカウンターを受けると、最後はシャドリに押し込まれてしまった。

試合はこのまま終了。ベルギーが死闘を3-2で制した。

この結果、日本は3度目のベスト16で大会を去ることに。準々決勝に駒を進めたベルギーは、32年ぶり4強を懸けてブラジルと激突する。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
サラー、『Goal 50』で初の表彰台へ!2018年は世界3位に輝く
次の記事:
2019年からプレー可能のナスリが再びプレミアリーグへ…ウェスト・ハム加入が間近に
次の記事:
イブラヒモヴィッチがMLS新人王に輝く…僅差の得票率でルーニーを上回る
次の記事:
堂安律、オランダ複数メディアでベストイレブンに選出!前節に引き続き…
次の記事:
ぶつかり合うエゴ、すれ違う言葉…ピケがビダルとベティス戦後に口論「“俺”じゃなくて“俺のボール”と言ってくれ」
閉じる