準決勝で負傷交代の遠藤航、2大会ぶりのアジア制覇へ「あとはチームを信じるだけ」

コメント()
Getty Images

28日の3-0で勝利したアジアカップ2019準決勝のイラン戦に先発出場した日本代表MF遠藤航だが、先制点が入った直後に途中交代。試合後のインタビューで筋肉のトラブルが起きたと明かした。

「(負傷について問われ)腿裏ですね。左です。(次の試合は)たぶん難しいと思います。たぶん肉離れですね。明日検査に行きます」

負傷があった中でも「調子は良かったですし、ちょっと痛みはありましたけど、プレーできるだろうという感じでやっていました。まあ個人としてはしっかり自分のやるべきことはやれたかなというところです」と話した遠藤は、交代後にチームが追加点を奪っての勝利に「課題は追加点だったということを考えると、イランという素晴らしい相手に対して無失点に抑えながら追加点を奪えたことは、チームとして少し成長できたかなと思います」とチームメイトを称えた。

また、遠藤は負傷した場面についても振り返った。「やっぱり張りがちょっとありながらというところでやっていて、治療しながらやっていく中で、自分としてはやれるという判断でやりました。でもあの一瞬で…。肉離れって急に来るものなのでしょうがないです」

この試合ではFWサルダル・アズムンに仕事をさせないことが一番の役割だった遠藤は、自身のプレーについて「長いボールのセカンドをしっかり拾うというところを意識していたので、そこは2ボランチでしっかりとやれたと思います。セカンドの反応もただクリアするだけじゃなくて、しっかりした形でボール持ってマイボールにできたところがすごく大きかったと思うし、プレッシャーが来る中でもしっかりボールを持ちながら、動かしながら両脇を上手く使ってビルドアップもできました。前半の流れを見て、後半もしっかりやれればいけるという雰囲気はありました」と中盤を上手くコントロールできたことを評価し、以下に続けた。

「無失点は自分の中でもこだわってやっていたし、ディフェンスラインとのコンビネーションもすごく良かったです。つねに(吉田)麻也君だったり、トミ(冨安健洋)だったり、後ろの選手と話すことは多かったし、少しずつ修正してやっていたので、結果的にそうなったことは嬉しいです」

「連戦をやっていく中で、いかに消耗しないかってところも大事で、1-0、1-0で来ていて、最低限の結果をしっかり残せていました。今日は向こうの方が消耗するのが早かったと思うし、そういう意味では自分たちはいろいろな選手を使いながらこの試合に向けて結果的に良い準備ができていたと思います。また決勝には高いモチベーションで臨めると思うので、コンディションというよりはメンタルの準備をみんなでやっていけばいいと思います」

そして、カタールと開催国UAEとの勝者と対戦する決勝戦に向けて「チームを信じるだけです。しっかりと僕もできることを最後までやって、チームのために戦って、みんなで優勝したいです」と語った。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる