武藤嘉紀、アジア杯敗退後の報道に言及 「なにを言われても、書かれても仕方ない」

コメント()
(C)Getty Images

ニューカッスル・ユナイテッドに所属する武藤嘉紀が、アジアカップ2019敗退から2日後の3日、自身の『ツイッター』を更新。ネガティブな論調や報道も国内で出た中、「なにを言われても仕方ない」とコメントした。

2大会ぶり最多5度目のアジアカップ制覇を目指した日本だが、決勝ではカタール代表を相手に1-3で敗戦。アジア王者奪還に失敗したあと、一部でネガティブな報じ方がされると、3日には槙野智章が「仲良し軍団?? 決勝だけを外から見ただけで、この一言で表してほしくない」と反論。一部メディアの報道の仕方に不快感を示した。

同日、武藤は自身の『ツイッター』で、「なにを言われても、書かれても仕方ない。負けた者がなにを言っても響かないし、勝てなかった僕たちに全ての責任がある」と、自身の胸中をつづり、「だからこそ、強くならないと。 勝者にならないと。 どんな努力も惜しまない」と、悔しさを糧にして前進していく強い意思を示した。

また、続けて、「がっかりしてしまった方もたくさんいらっしゃると思いますが、もう一度僕たちを支えてください」と、ファンやサポーターに引き続きの応援を呼びかけた。

追加招集でメンバー入りした武藤は今大会、6試合に出場。グループステージ第3戦のウズベキスタン代表戦ではゴールを記録し、2-1の勝利に貢献した。今後、所属元のニューカッスルに戻り、厳しいプレミアリーグの後半戦を戦う。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる