ニュース ライブスコア
プリメイラ・リーガ

権田修一がアジア杯終了後にポルティモネンセ加入へ…現地メディアが報じる

10:53 JST 2019/01/05
2018_11_20_shuichi_gonda
権田とともにブラジル人GKもポルティモネンセに加入することになるようだ。

ポルティモネンセが権田修一の獲得に大きく近づいているようだ。ポルトガル『Record』が報じた。

現在サガン鳥栖でプレーし、1月にアラブ首長国連邦で開幕するアジアカップ2019の日本代表メンバーに招集された権田。2016年にはオーストリアのSVホルンでプレーするなど海外志向の高い同選手に対して、先日よりポルティモネンセが獲得に興味を持つと報じられていた。

12月末の日本代表合宿の際のインタビューで「まだ決まっていません。まだまだサガン鳥栖の選手です」と答えていた権田だが、ポルティモネンセの会長であるロドニー・サンパイオ氏は、獲得が噂される日本代表GKについて言及した。

「ゴンダは日本のリーグおいて最高のゴールキーパーの1人で、最近ではリーグの賞も受賞した。彼は日本で多くの経験があり、ポルトガルのことも知っている」

同メディアによると、権田とポルティモネンセは2021年までの2年半契約を結ぶ模様。さらに、間もなく開幕するアジアカップに出場するため日本代表から離れることができない同選手は、大会が終わり次第すぐにポルトガルに渡って、この契約にサインすることになるようだ。

また、ポルティモネンセはブラジル人GKサミュエル・ポルトガルの獲得にも近づいているようだ。2人のGKが新たに加わる可能性の高い同クラブのサンパイオ会長は「我々のゴールキーパーコーチは素晴らしい仕事を続けており、我々の守護神はこの国でトップレベルだ」と自負した。

この2人のGKがポルティモネンセに正式に加入することが決まれば、現在ゴールマウスを守るリカルド・フェレイラとレオナルドは今冬の移籍市場でクラブから離れる可能性が高いようだ。

その一方でドイツ『トランスファーマルクト』では、権田はすでに4日からポルティモネンセの所属選手として紹介されている。果たして権田の欧州移籍はいつ正式発表となるのか、引き続きその動向が注目される。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ