森保監督が考えるイラン撃破のポイントは?「攻守にわたりアグレッシブにプレーできたこと」

コメント()
Getty Images

日本代表の森保一監督は、28日の3-0で勝利したアジアカップ2019準決勝のイラン戦後に、チームを称えるとともに、サポーターへの感謝を表した。

「イランは今大会もそうですし、これまでの戦績や結果においてアジアの中でも優れていて、手強い相手であり、厳しい戦いを覚悟していました。選手たちが良い準備と戦う姿勢を持ってチャレンジし、自信を持って試合を戦い抜いて勝利することができて良かったと思います」

「スタジアムの雰囲気もアウェーのような中、たくさんの日本人の方や日本代表を応援して下さる方がいらっしゃって、メディアの皆さんを通して日本でも多くの方々が我々を応援して下さったと思います。日本代表を応援して下さった多くの方々に、選手たちのファイトする姿勢を見ていただけたことと、勝利をお届けすることができたことをうれしく思います」

ここまでの5試合で接戦が続く中、イランとの一戦では完勝したことを受け、この一戦のポイントについて問われた森保監督は「何が変わったのか逆に教えていただきたいです(笑)。私が言うと答えが決まってしまうので、あとで教えて下さい。変わったこと、変わらなかったことがあるとは思いますが、基本的にはあまり変わっていないかなと思っています」と話し、自身の考えを以下のように述べた。

「選手たちが今日のイランに対して敬意を払い、相手を知った上で、我々が持っている力を最大限発揮していこうということ。個でも、チームでも持てる力をすべて発揮しようというところで、選手たちが今日の試合を通して戦い抜いてくれたこと。勝利にこだわって戦い抜いたということは、変わらなかったと思います」

「変わったことといえば、やはり相手が非常に身体能力、フィジカルの強さを活かして攻め込んで来るというところで、選手たちが戦う姿勢を持って試合の入りからアグレッシブにプレーしてくれたということは、これまでの試合の展開とは変わったと思います。何よりも選手が今日は考えて、意識を持って臨んでくれたことは、(球際の)バトルのところやセカンドボールを粘り強く拾うという部分につながったと思います」

「攻撃については、プレッシャーがある中、選手たちがボールをつないで、後ろから前線に配球してくれたことで、攻撃の良い形がたくさん生まれたと思います。今日のような痺れる試合の中で、なかなかボールを握るということは難しいと思いましたが、選手たちが勇気を持ってチャレンジしてくれたと思います」

また、前日の会見で「ユーロ2004のギリシャのようなサッカーをしている」と守備的な戦いを指摘される場面があったが、日本代表は準決勝で攻撃的で力強い試合を演じた。決勝に向けて好材料になるかとの質問に対して森保監督は回答した。

「我々がどう例えられたとしても、サッカーやチームの見方は千差万別だと思いますので、皆さんがどういう見方をされてもそれは自由だと思います。ギリシャのような戦い方がネガティブだとはまったく思っていないですし、今日の戦いの中でも攻撃でも守備でもアグレッシブにプレーすることができました」

「守備の部分では粘り強く相手にやらせない、相手の攻撃を防ぐということもできたと思います。(攻撃と守備)どちらかだけではなく、いろんな戦いを試合の中で選手たちが対応力をもって臨機応変にやってくれたことが今日の勝利につながったと思います。決勝の舞台でも我々がやるべきベースの部分をしっかり保ち、理想を持った上でしっかり現実と向き合ってプレーしてくれればと思います」

一方で、この試合では遠藤航が故障して途中交代するハプニングも発生。同選手がピッチを後にした時の様子についても言及した。

「遠藤については、左の腿裏に痛みがあるということで報告を受けています。そこで(塩谷司と)交代ということになりました。彼には“よく戦ってくれた。この試合は勝つから”と声を掛けました。本人に届いたかどうかはわかりませんが…」

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる