札幌、河合竜二が引退を発表…フロントスタッフ就任へ「今、目の前のことを全力で」

コメント()
©J.LEAGUE

北海道コンサドーレ札幌は24日、河合竜二が2018シーズン限りで現役を引退することを発表した。

現在40歳の河合は1997年に西武台高校から浦和レッズに加入。2003年に横浜F・マリノスに移籍し、2011年から札幌でプレーしている。昨季は明治安田生命J1リーグでの出場はなかった。プロ生活22年間でJ1リーグで通算191試合に出場して9得点。J2リーグで147試合に出場して2得点を記録していた。

河合はクラブを通じて、以下のように感謝を述べている。

「2018シーズンをもって現役を引退する事を決意致しました。プロ生活22年間。日本代表にも入ったことのない自分がここまで長くサッカーをやれたのも周りの方の支えがあったからこそだと思っています。両親を始め、家族、友人、自分を支えてくれた方。少年団から中学、高校、浦和レッズ、横浜F・マリノス、北海道コンサドーレ札幌在籍時の自分のサッカー人生に関わる全ての皆様に感謝します。

そしてファン、サポーターの皆様。ホームはもちろん、遠くアウェーまでも多くのサポーターに駆けつけていただきありがとうございました。皆んなの声援が力をくれました。時にはぶつかった事もあったけど、辛い時期もいつもどんな時だって全力で応援してくれる姿は最高でした!!

今後はクラブのフロントスタッフとして、コンサドーレに関わらせていただく事になりました。自分の今までの経験を生かし、クラブと大好きな北海道がより一体感を持って戦えるように努めていきます。今後も自分が大切にしてきた言葉通り、『今、目の前のことを全力で』変わらず突き進んで参ります!応援よろしくお願いします」

河合は札幌のフロントスタッフに就任が決定。今後はパートナー企業、サポーター、ホームタウン、行政機関、メディアなどとクラブをつなぐコンサドーレ・リレーションズチーム・キャプテンとしてクラブをサポートする。

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる