日本代表、4強懸けたベトナム戦は0-0のまま後半へ…吉田のゴールがVARで取り消しに

(C)Getty Images

日本代表は24日、アジアカップ2019準々決勝でベトナム代表と対戦している。

サウジアラビア代表とのラウンドの16を1-0で勝利した日本。森保一監督は、中2日で迎えた今回の一戦で武藤嘉紀に代えてワントップに北川航也を起用する1点を変更した。GKは引き続き権田修一で、最終ラインは右から酒井宏樹、冨安健洋、吉田麻也、長友佑都。中盤の底に遠藤航と柴崎岳が入り、2列目には右から堂安律、南野拓実、原口元気を並べた。

試合序盤は、積極的な入りを見せたベトナムが縦に早い仕掛けを見せて先制点を狙う姿勢を見せる。日本はこの立ち上がりを受けて対応すると、徐々にボール保持率を高める。しかし、最終ラインに5選手を並べ、しっかりと守備ブロックを形成するベトナムに対し、なかなかアタッキングサードで仕掛ける場面をつくることができない。

それでも、日本は24分にセットプレーから最初の決定機を迎える。柴崎が蹴った左CKに正面の吉田がヘッド。このヘディングシュートがネットを揺らす。しかし、VARのチェックの要請が入って主審が改めて判定すると、吉田がヘディングした後にハンドがあったため、ゴールは取り消しとなった。

ハーフタイムにかけて一進一退の攻防となる中、日本は29分にもゴールに迫る。ショートコーナーから右サイドの柴崎が入れたクロスに正面の冨安が頭で合わせる。鋭いヘディングシュートがゴール左を捉えたが、これはベトナムGKダン・バン・ラムのファインセーブに阻まれた。

逆に、38分にはミスから相手に決定機を許す。自陣深くでGK権田とパス交換した吉田がボックス内でボールロスト。最後はグエン・クアン・ハイにシュートに持ち込まれたが、ここは素早く間合いを詰めたGK権田が好守で失点を許さなかった。逆に45分にはゴールエリア右付近で堂安のパスを受けた南野が決定的なシュートを放つが、再びGKのファインセーブに阻まれた。

結局、前半は0-0のまま終了。日本は後半に今度こそゴールを記録し、4強進出を決めることができるか。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる