日本代表の未来を背負う中島翔哉。ブレない信念「サッカーは楽しいもの」

最終更新
コメント()

日本代表は16日、埼玉スタジアムで行われたキリンチャレンジカップ2018でウルグアイ代表と対戦し、4−3で勝利を収めた。これで森保一監督体制となり、コスタリカ、パナマ戦に続く3連勝となった。

日本は10分に南野拓実のゴールで先制すると、同点で迎えた36分に大迫勇也が勝ち越し弾をゲット。再び同点とされて迎えた59分に堂安律が代表初ゴールを決めて再びリードを奪った。その後、両チームともに1点を加えたが、日本がウルグアイを振り切り白星を手にした。

この日はゴールこそなかったが、左サイドで何度もチャンスを作るなど、絶大な存在感を放った中島翔哉。試合後、まずは「いつもサッカーを楽しむことを大事にしているので。今日もすごく楽しかったですし、チームメイトにとても感謝しています」と、強豪相手の一戦を存分に楽しんだと明かしている。

中島が常に語る“楽しさ”。ウルグアイ戦に関しては「すべて」が楽しかったという。「ボール持ってる時もそうだし、持ってない時も。『楽しくやろう』って言ったらなかなか楽しくできないですけど、自然と湧き上がってくると思います」と話した。

相手はロシア・ワールドカップ8強、そして堅守が武器のウルグアイ。ホームで世界屈指の強豪相手に日の丸を背負った一戦だったが、中島にプレッシャーというものはない。「迷うことが一番良くないことだと思うので、あまり考え過ぎずに」と自然体で臨んだという背番号10は、“楽しむこと”を繰り返している。

「もちろん、色々な人が見ていますし、注目されていますし、期待も感じます。けど、やっぱりサッカーは楽しいものだと思うので、そこは変わらないというか。さっきも言ったように(所属クラブの)ポルティモネンセでも、日本代表でも同じようにサッカーを楽しんでやっています」

「どの相手とやっても、どの舞台、試合でも、練習でも同じように楽しくサッカーすることはすごく自分の中で大事にしているので。相手ももちろんありますけど、サッカーは楽しいものだというふうに捉えています」

そして、左サイドでコンビを組んだ長友佑都については、「やっぱり経験のある選手ですし。前回のコスタリカ戦の(佐々木)翔くんと一緒に大体やって。二人とも経験のある選手で、安心感がやっぱりありますし、自由にやらせてくれるので本当にありがたいです」と、“楽しく”プレーすることを助けてくれた2人に感謝を述べた。

最後に2019年1月に行われるアジアカップについて問われると、「まだ選ばれるかわからないですけど、選ばれたらもちろん100%でプレーしますし、また来月選ばれたら、思いっきりサッカーを楽しくプレーしたいなと思っています」

インタビューの最初から最後まで、“楽しさ”を繰り返し強調した中島。自身の信念のもと楽しみ続ける限り、日本の未来は明るいのかもしれない。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
バルダーノ氏、S・ラモスの強心臓を称賛「彼は絶滅危惧種。まるで自分がフットボールを発明したようだ」
次の記事:
デンベレ、バルセロナの練習を欠席した理由はテレビゲームのし過ぎか
次の記事:
ベロン氏、古巣マンチェスター・Uについて…「ファーガソン以降、適切な監督見つけられていない」
次の記事:
大分6年ぶりのJ1昇格!キャプテン馬場「J1でも戦えると思っている」
次の記事:
スペイン代表待望論が起こるカシージャス「代表、レアル・マドリーに戻るのは歓迎」
閉じる