日本人母を持つサイ・ゴダードがイタリアでデビュー…セリエBベネヴェントで10分間出場

コメント()
Getty Images
日英ハーフのサイ・ゴダードが所属先のベネヴェントでセリエBデビューを飾った。

セリエBベネヴェントに所属する日英ハーフのMFサイ・ゴダードが18日、スペツィア戦に途中出場してデビューを飾った。ベネヴェントが公式ウェブサイトで伝えている。

年代別日本代表にも招集された経験も持つゴダードは、トッテナム下部組織出身の21歳。今夏、契約満了とともにスパーズを退団し、出場機会を求めてベネヴェントに移籍した。8月中旬に行われた地元クラブとのテストマッチではまずまずの評価を受けていたゴダードだが、セリエB開幕前にフィジカルトラブルにより戦列を離れるなどして出遅れ、新天地では苦戦が続いていた。

現在、ベネヴェントでは負傷者が相次いでおり、敵地で行われた18日のセリエB第10節スペツィア戦において、ようやくゴダードにチャンスが訪れた。82分、1-3で2点を追いかける展開の中、クリスティアン・ブッキ監督はチームの2枚目の切り札としてFWクリスティアン・ブオナユートに代わり、ゴダードを投入した。ロンドン出身の21歳MFはチームの救世主となることはできなかったが、イタリア移籍後、初めてセリエBのピッチに立ってデビューを飾ると、約10分間プレーし、高い足元の技術を見せた。

ベネヴェントはこのまま1-3で敗れたが、順位表ではセリエA昇格プレーオフ圏内の8位につける。セリエAでは今年2月にDF長友佑都がインテルからガラタサライへと移籍したことで、約20年ぶりに日本人選手の在籍がない状況になっており、日本人の母親を持つゴダードのセリエBでの活躍は、今後も注目されるところだ。

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる