平成最後の王者は青森山田!札幌内定檀崎2発で2年ぶりの頂点…流経大柏は昨年準Vのリベンジならず

コメント()
©Atsushi Tokumaru

第97回全国高校サッカー選手権の決勝が14日、埼玉スタジアム2002で開催。青森山田(青森)が流通経済大学付属柏(千葉)を3-1で下し、2大会ぶりの優勝を達成した。

2大会ぶりの優勝を目指す青森山田は、アビスパ福岡に加入が内定している195センチの長身DF三國ケネディエブス、そして北海道コンサドーレ札幌への加入が内定している10番のMF檀崎竜孔らが先発。

対する流経大柏は2大会連続3度目の決勝入り。前回大会は決勝で前橋育英に惜しくも0-1で敗戦。あと一歩のところで優勝を逃した。スタメンには鹿島アントラーズに加入が内定しているDF関川郁万らベストメンバーを揃えた。

試合が動いたのは31分、流経大柏はセットプレーから関川が強烈なヘッドを放つと、GKは足で弾いたものの、そのままゴールに吸い込まれ先制した。圧倒的な空中戦の強さと屈強なフィジカルが持ち味の関川の一撃で流経大柏が1点を先行した。

しかし40分、青森山田が反撃を試みる。右サイドで抜け出した佐々木銀士が、中へグラウンダーのクロスを送ると、走り込んでいた檀崎が決めて同点に。前半は1点ずつを奪い合い、折り返した。

後半に入ると、ギアを上げたのは青森山田だった。後半に強い東北の雄は63分、右サイドを切り込んだバスケス・バイロンが、中へ折り返すと、待っていたのはまたも檀崎。冷静に右足で流し込んだ。札幌への加入内定が決まっている頼れるエースの大会4得点目で、青森山田が逆転に成功した。

追う展開となった流経大柏は69分、最終ラインからのロングボールに反応したキャプテンの左部開斗が抜け出すが決めきれず。本田裕一郎監督は残り10分を切ったところで関川を最前線に配置。パワープレーで同点ゴールを狙うが、青森山田もバスケス・バイロンの突破などで応酬。

すると87分、途中出場の小松慧が裏に抜け出し、GKとの1対1を制し、3点目を奪取。結局試合はそのままタイムアップ。約5万4千人が駆けつけた平成最後の高校サッカー決勝は青森山田が流経大柏を3-1で破り、2年ぶりの優勝で幕を閉じた。

■試合結果
青森山田 3-1 流経大柏

■得点者
青森山田:檀崎竜孔(40分、63分)小松慧(87分)
流経大柏:関川郁万(31分)

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
前回王者の豪州、ウズベクとのPKに及ぶ死闘を制して8強入り!準々決勝は開催国UAEかキルギスと激突
次の記事:
名審判イルマトフの笛に…判定基準に苦しんだ原口「取りに行けば全部ファウルに…。あの中で賢く守れた」
次の記事:
レアル・マドリー、ポルトの21歳ブラジル代表DFミリトンと個人合意…契約解除金5000万ユーロ支払いへ
次の記事:
成長続ける20歳・冨安健洋、吉田らベテランとの最高の関係「練習中から…」
次の記事:
バルセロナ加入濃厚のボアテング、過去に「バルサよりレアル・マドリーが好き」と発言
閉じる