「将来はグランパスのキーパーに…」名古屋GKランゲラックに第一子が誕生

コメント()
©J.LEAGUE
名古屋グランパスは11日、オーストラリア代表GKミッチェル・ランゲラックに第一子が誕生したことを発表した。

名古屋グランパスは11日、オーストラリア代表GKミッチェル・ランゲラックに第一子が誕生したことを発表した。

クラブによると第一子は男の子で、10月5日に誕生。母子ともに健康であると伝えている。同選手は現在、オーストラリア代表としてクウェートとの親善試合に臨むため離日中だ。

第一子出産にあたりランゲラックは「代表チームから名古屋に戻り、息子を抱きしめたいです。父として新たな目標にチャレンジします。新たな子供の誕生にワクワクしています。私のようなゴールキーパーになって、将来はグランパスのキーパーになってほしいです」とコメントしている。

ランゲラックは今季、スペインのレバンテから加入。名古屋の守護神として明治安田生命J1リーグで27試合に出場している。

果たしてランゲラック・ジュニアが名古屋のゴールマウスを守る日はやってくるのだろうか。

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
前回王者の豪州、ウズベクとのPKに及ぶ死闘を制して8強入り!準々決勝は開催国UAEかキルギスと激突
次の記事:
名審判イルマトフの笛に…判定基準に苦しんだ原口「取りに行けば全部ファウルに…。あの中で賢く守れた」
次の記事:
レアル・マドリー、ポルトの21歳ブラジル代表DFミリトンと個人合意…契約解除金5000万ユーロ支払いへ
次の記事:
成長続ける20歳・冨安健洋、吉田らベテランとの最高の関係「練習中から…」
次の記事:
バルセロナ加入濃厚のボアテング、過去に「バルサよりレアル・マドリーが好き」と発言
閉じる