大迫勇也、ブレーメン移籍が決定的に!メディカルチェックのためにすでに現地入り

コメント()
Getty Images
2部降格のケルンからブンデスリーガ内での移籍が実現へ。近々に発表される見通し。

ケルンの日本代表FW大迫勇也はブンデスリーガ1部に残ることになるようだ。現地時間15日にブレーメンでメディカルチェックに向かっていることが分かった。

ブレーメン周囲のメディア『ダイヒシュトゥーベ』によれば、2部に降格したケルンでは2020年までの契約を残していた大迫は、ブレーメン行きが決定的になったという。シーズンを11位で終えたクラブはケルンに移籍金600万ユーロ(約7億9000万円)を支払うことでクラブ間で合意に達した模様だ。

さらに『ダイヒシュトゥーベ』は、大迫が15日に現地入りし、メディカルチェックを受けるためにブレーメンの病院に向かっている姿の写真を掲載した。問題なくそれをパスすれば、近々に契約を締結する運びだと伝えられている。

2014年夏に1860ミュンヘンからケルンへ移籍した大迫。ハノーファーからの関心も盛んに伝えられていたが、大迫はブレーメンを新天地に選択したとみられる。ワールドカップ前に今後の去就が決定したようだ。

▶ブンデスリーガ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
“王様”ペレ氏がネイマールに再び苦言「ゴールではなく別の方法でアピールするようになった…」
次の記事:
ニューカッスルが“先行発表”も…JFAが武藤嘉紀のアジア杯追加招集を発表!浅野拓磨はケガで2度目の離脱
次の記事:
MVPの家長昭博、支えとなった家族に感謝「頑張って良い背中を見せたい」
次の記事:
PSG生え抜きラビオ、契約更新拒否…SDは怒り「無期限のベンチ行きになる」
次の記事:
CL優勝候補を回避した2位通過のローマ、トッティ氏が期待「昨季と同じ場所へ…」
閉じる