名古屋、鳥栖からDF吉田豊を完全移籍で獲得「猪のように勝利に向かって猪突猛進します!」

コメント()
©J.LEAGUE

名古屋グランパスは13日、サガン鳥栖からDF吉田豊を完全移籍で獲得すると発表した。

吉田は2008年に静岡学園高校からヴァンフォーレ甲府に加入。その後、清水エスパルスを経て、2015年から鳥栖でプレーしている。昨季の明治安田生命J1リーグでは24試合に出場して1得点を記録した。

吉田は名古屋を通じて「何度も声をかけていただき、ブレることのないクラブのビジョンに感銘し、グランパスの一員になれたことに感謝します。2019年は亥年!猪のように勝利に向かって猪突猛進します!そして一日も早く皆さんに認めていただけるよう、また少しでもチームの力になれるように日々の練習を大事にしていきます。チーム、サポーター、みんなの力でJ1優勝しましょう!また、その次の目標としてACL優勝を目指しましょう!よろしくお願いします!!」と意気込みを語った。

また、古巣の鳥栖に対しては以下のように感謝を述べている。

「2015年シーズンから4年間鳥栖で過ごさせていただきましたが、昨シーズンをもって鳥栖を離れることとなりました。昨シーズンはチームとして満足する結果が出せず、サポーターの皆さんには最終節まで苦しい思いをさせてしまって申し訳ありません。サガン鳥栖というチームで素晴らしい環境の中サッカーをさせていただいて非常に感謝しています。そしてたくさんのことを学ばせていだだき、僕自身がすごく成長できた場所だと思っています。このチームを離れることは簡単な決断ではありませんでしたが、また新たな環境でチャレンジしたいと思い、移籍を決断いたしました。サポーターの皆さんにはいつも熱い応援、あたたかい声援で背中を押していただき、大変感謝しています。『よ!し!だ!』コールがとても大好きでした。4年間本当にありがとうございました!」

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
日本vsベトナムの主審はウズベキスタン戦担当のモハメド氏…準々決勝からVARも導入
次の記事:
K・P・ボアテング「大きな夢が実現した」バルサ入りに歓喜…23日国王杯で早くもデビューか
次の記事:
PSGの相次ぐ中盤の離脱に…トゥヘルが補強を望む「この状況はとても、とても深刻」
次の記事:
元アルゼンチン代表SBプラセンテが語る“W杯制覇に必要なこと”とは?/独占インタビュー
次の記事:
アンリ監督、自身よりモナコの未来案じ…リーグ戦21試合で勝ち点15
閉じる