原口元気、豊富な運動量で貢献も「何か1つ仕事をしたかった」

コメント()
(C)Getty Images

日本代表は24日、ロシア・ワールドカップグループH第2節でセネガルに2-2で引き分けた。試合後、MF原口元気がフラッシュインタビューに応じた。

「最後まで、非常にしんどいゲームでした。その中で最後まで粘って(最低限の結果として)勝ち点1を取ったので、次につなげたい」と、原口は試合を振り返る。

攻守にわたり、多くの運動量を見せた。しかし、原口は「何か1つ仕事をしたかった。僕自身は少し悔しい思いがあります。やはり攻撃で何かをしたかった。守備でも少しクリアが曖昧になってしまい、失点にも絡んでしまった」と、攻守両面に課題を挙げた。

こうした反省点を「次につなげたい」と語った原口。次戦・ポーランド代表戦に向けては「グループリーグ突破が懸かっています。ポイントを取って上に行けるように、いつも通り、しっかり走ってチームに貢献したい」と、意気込みを語った。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる