ニュース ライブスコア
UEFAチャンピオンズリーグ

勇人&寿人の佐藤兄弟が語るCLの注目カードは? 優勝予想は声を揃えて「リヴァプール!」

12:00 JST 2019/02/18
2019-02-16-sato-hisato-yuto-DAZN

ジェフユナイテッド千葉の佐藤勇人・佐藤寿人兄弟が『DAZN(ダゾーン)』のインタビューに応じ、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメントについて語った。

互いにJリーグで長年活躍し、A代表でもプレーするなど、日本を代表するサッカー選手である両者。Jリーグ史上初の双子選手は、来季から共にユース時代を過ごしたジェフユナイテッド千葉で共闘することになる。

そんな日本を代表する双子兄弟が、『DAZN』で配信中の番組『UCLラウンド16プレビュー』の中で、CLラウンド16の注目カードや優勝予想を仲睦まじく語ってくれた。

■ポジション違えば見方も違う?

――これまでCLは見ていましたか?

勇人(以降は勇):自分の好きなチームは見ていましたね。

寿人(以降は寿):僕も見ていました。ただ、LIVEではなかなか見ることができないので、朝に見たりしてますね。シーズン中はなかなか見られないので。でも、今キャンプ中で二人部屋で一緒なんですけど、時間があれば『DAZN』で試合を見て。僕はどちらかというとハイライトで見ることが多くて、勇人は90分で見たいタイプなんですよね。

勇:多分ポジションの違いかな。(寿人は)シュートシーンとかを見ているけど、自分はその過程が結構大事だったりするので。ボールをどうやって奪ったりするのか、どのように運ぶのかを見たい。ハイライトだとそのシーンが省かれたりしてしまうので。

――ポジションでサッカーの見方も変わるのですね。

寿:キャンプだと長い時間、生活を共にするので。久しぶりに実家で2人で一緒にいたときのような感じがありますね。「こうだったんだ」というのは久しぶりに感じました。

――どのようなところからそう感じましたか?

勇:テレビを通して、寿人がよくキャンプ中にコーヒーを作っているというのを見ていました。すごいこだわっているなと。実際、同じ部屋でいきなりテーブルに道具を出しはじめて、コーヒー豆を粉にする機械から、ポットから……何から何まで準備していた。流石だなと思ったのは、僕用のジェフカラーの黄色のマグカップまで準備してくれていて、そのあたりが「出た! このマメさ」と思いましたね。一個一個こだわって、ミルクを作るやつまで持ってきていたりしていましたね。

寿:僕はホワイトニングしているので、ミルクが入っているやつじゃないと……。飲めないわけじゃないですけど、一応気にして飲んでいます。

■注目はアトレティコvsユヴェントス

――CLで注目しているチームはありますか?

勇:見ていて面白いのはリヴァプールですね。前に出ていくスピード感、切り替え、そこは現代サッカーで一番のクラブだと思います。

寿:僕はイタリアが好きなので、残念ながら好きなミランは出場できていないですけど、ユヴェントスとか、あとローマがラウンド16に残ったのは意外というか頑張ったなと思います。前回のファイナルはシーズン中でもあったんですけど、次の日がチームも休みだったので、楢崎(正剛)さんとかとみんなでスポーツバーに集まって、眠いながらで一緒に観戦しました。ただここからはそういう時間は作れないんですけど、そういう盛り上がるシーンがグループステージ以上に増えてくると思うので、いち視聴者として楽しみにしたいなと思いますね。

――ラウンド16で注目のカードはありますか?

勇:僕はアトレティコ・マドリー対ユヴェントスですね。

寿:僕もそこは手堅いかなと思います。個人的には、昨年まで2年間名古屋グランパスでプレーして、風間(八宏)さんがすごくペップ(ジョゼップ・グアルディオラ)のことをお手本にしていた。だから、マンチェスター・シティがどういうサッカーをするのか。力のあるクラブなので、どこまで上にいくのかというのは期待したいですね。

――2人で1試合を挙げるとすれば、アトレティコ・マドリー対ユヴェントスが注目のカードになりそうですか?

寿:リヴァプール対バイエルンもですけど……、本当に力のあるクラブしか残ってこれなくなってきているなと思います。資本とチーム力というのがリンクしているなと思います。

勇:アヤックスがレアル・マドリーに勝ったら面白いけどね(※ファーストレグは2-1でレアル・マドリーの勝利)。

寿:いやでも、レアルはCL強いですよね……。僕がイタリア好きで、勇人がずっとアトレティコが好きで。

勇:(指揮官のディエゴ)シメオネが好きなんですよ。

寿:そういう意味では、佐藤兄弟的にイチオシという部分では良いと思います。

――アトレティコ・マドリーの良い部分はなんでしょうか?

勇:まさにシメオネのチーム。選手からスタッフまで、クラブ全員にシメオネのメソッドがすべて浸透している。メンバーは引き抜かれたりしますけど、新しく入ってきた選手がまた同じようなプレーをしたりとか、さらにプラスアルファのことをして、ここ最近ヨーロッパではずっと良いところまで残っていますよね。それはなかなか簡単なことではないし、すごいなと思います。

――ユヴェントスはどこに注目しますか?

寿:やはりクリスティアーノ・ロナウド。レアルを退団して、今のセリエAに来てくれるというのは想像もつかなかったですし、実際にすぐに結果も出している。大舞台に強い選手ですし、チームが変わっても同じように力を発揮しています。

イタリアのクラブはCLではなかなか元気がないというか、目立った活躍が数シーズンできていない。少し気がかりなのが、コッパ・イタリア(※準々決勝でアタランタに0-3と敗れ敗退)やリーグ戦があって日程がタイトなので、ケガ人が少し出ていることですね。そういうところでユヴェントスのバランスが保てないと、ここを突破するのは難しいのかなと思います。逆にここを突破できればさらに大きなチャンスが待っていると思います。僕はミラニスタですけど、(フィリッポ)インザーギが現役時代にユヴェントスにいたので(※1997~2001年)、しっかり応援したいと思います。

勇:ユヴェントスの前線の個の力はすごいですよね。強烈ですよ。(パウロ)ディバラもいるし、ドウグラス・コスタもいるし。“個のチーム”対“シメオネの組織のチーム”という感じですね。

■優勝予想は声を揃えて…

――ズバリ優勝予想はどのチームでしょうか?

勇&寿:リヴァプール。

勇:双子なんですよ(笑)。本当にこういうところがあるんです。まったく話していないよね。優勝チームの話は一切していないんですよ。ちょっと恥ずかしいですね。

寿:僕もちょっと鳥肌立ちましたよ。

――そう考える理由はなんでしょうか?

寿:やっぱり前回、決勝であれだけ悔しい負け方をして(※昨季は決勝戦でレアル・マドリーに1-3と敗戦)、でもチーム力は落ちていない。リーグ戦も良い状態で戦えているというところでは、次にCLを勝ち取る理由が1つあるのかなと。他のクラブを見た時に、リヴァプールに近いチームはないかなと思います。もちろん力のあるクラブばかりですけど、その中でもリヴァプールなのかなと感じていますね。

勇:僕も近い部分はあるかな。リヴァプールは一度CLを獲った時(※2004-05シーズン)のメンバーがいなくなって、世代交代がうまくいかなくて。それでまたここ数年で上がってきた。そういうクラブの波みたいなところで、すごく良い時にいると思います。それが前回の決勝で悔しい負け方をして、でもその負けをリーグ戦で引きずることなく、むしろパワーアップしているというところを見ると、やはり期待しますね。

――注目の選手は誰でしょうか?

寿:(モハメド)サラー。

勇:(ロベルト)フィルミーノ。

――お二人とも前線の選手なんですね。

勇:リヴァプールは前線の3枚(サラー、マネ、フィルミーノ)がかなり重要になりますしね。

寿:中盤にはハードワークできる選手が揃っています。やはりどちらかと言うと個の部分が突出している。これだけレベルの高い試合になった時は、勝敗を最後に分けるのは個の部分になるのかなと。僕はサラーを推しています。前回の決勝の姿(※30分に負傷交代)は、僕はリヴァプールのファンではないですけれど、悔しさは感じたので、逆に喜んでいる姿を見たいなと思います。

▶UEFAチャンピオンズリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ