八百長疑惑のパルマ、新シーズンは勝ち点-5の減点処分…セリエA昇格取り消しは免れる

コメント()
昨季悲願のセリエA復帰を果たした古豪だが、新シーズンは厳しいスタートになりそうだ。

2018-2019シーズンよりセリエA復帰を果たしたパルマは、昨季セリエB最終節を前にFWエマヌエレ・カライオが対戦相手であるスペツィアの選手に八百長の疑いのあるメッセージを送ったとして勝ち点-5の減点処分を受けた。

パルマは2017-2018シーズンのセリエB最終節、自動昇格圏内の2位フロジノーネと勝ち点2差の3位の状況でスペツィアと対戦。敵地で2-0の勝利を収めたパルマは、2位フロジノーネが引き分けに終わったことにより逆転でのセリエA昇格が決まっていた。

しかし試合後、以前スペツィアでプレーしていた経験のあるカライオが試合前に元チームメートであるDFフィリッポ・デ・コルとDFクラウディオ・テルツィに忖度を求めるテキストメッセージを送っていたことが発覚。この行為が八百長に当たるとしてイタリアサッカー連盟(FIGC)が調査をしていた。

該当試合が無効となった場合、勝ち点が減り、セリエA昇格が取り消される可能性があるとの報道もされる中、FIGCが声明を発表。パルマのセリエA昇格が認められることがわかった。しかし、セリエA復帰1年目は厳しいスタートになるようだ。

「国立連盟裁判所(TFN)は、スペツィア対パルマ戦の試合前に疑わしいテキストメッセージを送った罪で、パルマに来シーズンの勝ち点-5の減点処分、エマヌエレ・カライオには2年の資格停止と罰金2万ユーロ(260万円)の罰金処分を下した」

そして声明の中でFIGCは、八百長の意図がなかったとしても内容によっては処罰の対象になると明白にしている。

「残念ながら、もし自分の安全のためにライバルにタックルを避けるよう懇願しただけだとしても、それは試合操作を試みているということに成り得る」

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
バルサ復帰うわさのネイマール「今、僕はバルセロナにいる」
次の記事:
ブッフォン、アレオラとの併用にも満足げ…関係性は「素晴らしい。彼の一番のサポーターは僕」
次の記事:
本田圭佑、Aリーグ第1節の公式ベストイレブンに「期待以上であることを示した」
次の記事:
「クラシコはクソ」元レスターDFが世界最高峰の一戦を痛烈に批判する理由とは?
次の記事:
インテル指揮官スパレッティ、劇的なミラノダービー勝利に「完璧ではないが満足」
閉じる