元日本代表DF駒野友一、FC今治加入が決定。2人の恩師と再会へ「岡田さんの力になりたい」

コメント()
©J.LEAGUE

日本フットボールリーグ(JFL)のFC今治は4日、アビスパ福岡から元日本代表DF駒野友一が完全移籍で加入することを発表した。同選手は契約満了に伴い福岡の退団が決定していた。

駒野はサンフレッチェ広島ユース出身の37歳。2000年にトップチームでデビューし、2008年にジュビロ磐田に移籍した。磐田在籍時の2012年にはJリーグベストイレブンに選出。その後、FC東京を経て、2016年に福岡に加入した。明治安田生命J1リーグでは通算374試合に出場して19得点、J2リーグでは通算150試合に出場して6得点を記録している。さらにFC東京U-23のメンバーとしてJ3リーグでは4試合に出場した。

日本代表としては78試合に出場。2010年南アフリカ・ワールドカップでは現FC今治オーナーの岡田武史氏の下でプレーした。さらに、来季からチームを率いる小野剛氏は2002年から2006年まで広島の監督を務めており、駒野とは13年ぶりの再会となる。

岡田氏、小野氏の2人の恩師と共闘することとなる駒野はFC今治を通じて以下のようにコメントした。

「南アフリカワールドカップ以来、僕をもう1度信じてオファーをくれた岡田さんの力になりたいと思い、FC今治に入団することを決意しました。またプロになってからの育ての親である小野監督が指揮するということで、小野監督のもとでまたサッカーがやりたいという思いもありました。

今治のみなさん。FC今治を押しあげるために、僕も最大限の努力を注ぎます!どうか皆さん、もっとFC今治が盛り上がるように、応援して下さい!」

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる