伊副首相、差別チャント問題に消極的「試合中止に反対」伊カップ戦の中東開催に差別発言も

コメント()
Getty Images
イタリアの副首相兼内務大臣マッテオ・サルヴィーニ議員がサッカーにおける人種差別問題や暴力問題について考えを述べた。

イタリアのマッテオ・サルヴィーニ副首相兼内務大臣が7日、ローマで行われた会議に出席し、スタジアム内での暴力や人種差別問題について発言した。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えている。

12月26日に行われたインテル対ナポリ戦では、試合前のサポーター同士の衝突で1名が死亡する事故が発生したほか、試合中にはナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリに対して人種差別的なチャントが浴びせられて波紋を呼んだ。サルヴィーニ副首相は、スタジアム内外における暴力問題について厳しい姿勢をとることを会議において約束している。

「スタジアム内外における犯罪行為を根絶することが目標だ。このためにあらゆる手段を尽くしていく。防犯カメラを設置した自前のスタジアム建設の実現へサポートができるよう取り組みたい。またアウェーでの試合には、電車を利用させる案を提案した。電車の切符を購入する際に身分証明書が必要になるため、100台の車での遠征よりも、何千人にも及ぶファンの集団のチェックが容易になる。」

だが人種差別的なチャントが行われた場合、試合を中止する措置については言葉を濁した。

「難しいテーマだ。『ブー』というチャントが白人もしくは黄色人種、または黒人に対するものなのか、ナポリ人、それともユヴェントスファンに対するものなのか、差別を区別する基準が難しい。試合を中止するよりも未然に防ぐことを考えたい」

「ミラン対ユーヴェ戦では、ミランファンによる『ブー』の矛先は(レオナルド)ボヌッチだった。あれが人種差別かどうかを誰が決めるのか?客観的な基準が必要だが、区別は難しい。だから私は試合を中止することに反対だ」

■中東で開催する伊スーパーカップに不満も

またサルヴィーニ副首相は、16日に予定されているイタリアスーパーカップ決勝ユヴェントス対ミラン戦がサウジアラビアで開催されることに不満を漏らした。

「試合を見るかどうかはそれぞれの自由だ。私は見ないつもりだ。人生でこれまで様々なものを見てきたが、ブルカや被り物に囲まれてスーパーカップを見るなんて我慢できない。『ビジネスはビジネスだ』と言うお偉いさん方もいるが、私は試合を見るつもりはない」

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
名古屋MF深堀隼平がポルトガル1部のヴィトーリアSCに期限付き移籍が決定「自分の武器にさらに磨きを…」
次の記事:
サッリが“世界最高の1人”アザールを称賛も「チェルシーのリーダーではない」
次の記事:
南野所属ザルツブルク、攻撃陣流出続々…センターFWに続き2列目の有望株も夏の移籍が決定
次の記事:
元バルサDFが日本でイニエスタと再会?ウルグアイ代表カセレスに神戸行きの話が浮上
次の記事:
「多くの解説者が日本優位と予想するが…」ベトナム指揮官がジャイアントキリングに自信
閉じる