伊代表指揮官、19歳ケーンを巻き込んだ人種差別に怒り「これ以上容認できない」

コメント()
Getty Images
イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督は、再びセリエAのピッチで起きた人種差別問題に苦言を呈した。

イタリア代表指揮官のロベルト・マンチーニが、ローマで行われたイベントに出席した際にイタリアメディア『メディアセット』など複数メディアのインタビューに応じ、人種差別問題について言及した。

2日にサルデーニャ・アレーナで行われたカリアリ対ユヴェントス戦(2-0でユヴェントスが勝利)において、イタリア代表でも頭角を現しつつある19歳のFWモイゼ・ケーンらアフリカにルーツを持つユヴェントスの選手が人種差別的チャントの対象となった。

マンチーニ監督はサポーターによる差別チャントについて怒りを示している。

「ケーンに対する行為は許しがたいものだ。(動物の鳴き声を真似た)“ブー”という人種差別的なチャントを激しく非難するべきだ。これ以上容認できない。こういった行為がなくなるように立場を明確にして、厳しく対処していくべきだ。人種差別問題のキャンペーンがより進んでいるイギリスにおいても、まだこういったことが起きている。我々も差別の根絶へ向けて一層努力しなければならない」

続いてイタリア代表指揮官は、マルセイユのFWマリオ・バロテッリと比較し、ケーンにエールを送った。

「ケーンは所属先のクラブでアドバイスを受けていると思う。優れた指揮官もいるのでサポートを受けており、私のアドバイスは必要ないと思う。だが代表に来たときには何か話をしたいと思う。役立つことがあるかもしれない。マリオは一時期、物凄い選手だったが、そのマリオの若いころのようなキャリアをケーンが築き、長年にわたって活躍できることを願っている」

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる