伊メディアが日本のロッカールームに「イタリア人なら清掃する代わりに悪態をついただろう」

コメント()
Twitter
イタリアメディアは、ベルギー戦の日本のロッカールームを見て学ぶべきことがあると論じている。

ベルギー戦終了後の整理整頓された日本のロッカールームが世界中で注目を浴びたが、イタリアメディア『AGI』は5日、カトリック司祭で作家のマウロ・レオナルディ氏の寄稿を掲載し、称えている。

「ワールドカップ敗退後の日本のロッカールームはイタリア人に何を教えるか」との見出しで、日本への称賛が綴られている。整頓されたロッカールームには、ロシア語で「スパシーバ(ありがとう)」と書かれたメッセージカードも置かれていたことも、さらに評価を高めた。「日本は69分まで2-0でリードし、勝利に値する試合をしながらも94分、逆転弾を喫して敗れたことは覚えておくべきだ。イタリア人ならば、どれだけの人がロッカールームを清掃する代わりに悪態をついただろうか」と、疑問を投げかけた。

アルベルト・ザッケローニ元日本代表監督が先日、『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューにおいて、選手たちが試合終了後、汚れ物をたたみ、種類ごとに分けて床に積み重ねておくことを紹介していたが、レオナルディ氏もこれについて言及。几帳面で他者へのリスペクトを忘れない日本人の精神性を称えた。

一方、イタリアでは、「ロッカールームを片付けるどころか、破壊行為に至ってしまう」と綴り、日本人とは対照的な振る舞いを振り返った。セリエAでは昨年、ミランの選手がライバルチーム、ユヴェントスの本拠地でロッカールームの備品を壊す行為に至っていた。

またレッジーナでプレーしていた中村俊輔とワルテル・マッツァーリ監督のエピソードも紹介。言葉が通じないため、マッツァーリが描いた図により、中村は戦術を理解し、指揮官が要求した通りのプレーをピッチでして見せた。ところが言葉を理解しているはずのチームメートの方が、指揮官の指示通りにプレーせず、「イタリア人らしい」秩序のない行動に走っていた。レオナルディ氏は、これらのエピソードを紹介し、自身の行動を振り返るよう呼び掛けている。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
札幌DF横山知伸、昨年末に脳腫瘍の摘出手術を実施…現在は復帰に向けて治療中「必ずピッチに戻ります!」
次の記事:
出場機会が与えられないエジル、エメリ監督「他の選手と同じように信頼している」
次の記事:
イグアイン、次戦ベンチ外でチェルシー移籍が目前…ガットゥーゾは「選択を尊重」
次の記事:
ネイマール、ペレのダイブ批判についに返答「リスペクトするが納得はしない」
次の記事:
ナポリ指揮官アンチェロッティ、主力欠場でも上位に勝利で自信「何かが起きるはず」
閉じる