仏1部デビューを飾った昌子源、トゥールーズ初先発で残したスタッツとは?

コメント()
(C)Getty Images

トゥールーズは19日、リーグ・アン第21節でニーム・オリンピック相手に1-0と勝利した。この試合でデビューを飾ったDF昌子源のスタッツを振り返る。

昨季鹿島アントラーズのAFCチャンピオンズリーグ優勝などに大きく貢献した昌子。アジア王者としてクラブ・ワールドカップを戦った後、1月には自身初となる欧州挑戦を選択。フランス1部のトゥールーズへと加入した。

そんな昌子は、19日のニーム戦でついにリーグ・アンデビュー。3バックの左に入り、相手選手と揉めたチームメイトをなだめるなど、デビュー戦ながら落ち着きを保ち、クリーンシートでの勝利に貢献した。

データ会社『Opta』によると、昌子はこの試合でタッチ数「34」、パス本数「24」、成功率「87.5%」を記録。1回のファールを犯した。

また、ディフェンス面では3度のクリアと1度のインターセプト、3度のポゼッション回復をマークしている。

鮮烈なデビューとはならなかったが、慌てることなくプレーを続けた昌子。26歳のセンターバックの、新たな挑戦が始まっている。

▶リーグ・アン観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる