ニュース ライブスコア
親善試合

中島躍動!森保ジャパン、初陣は相手OGでリードし後半へ/日本対コスタリカ

20:09 JST 2018/09/11
2018_9_11_japan

キリンチャレンジカップ2018が11日に行われ、日本代表はコスタリカ代表と対戦した。

日本代表は札幌ドームで開催予定であった7日のチリ戦に向けて3日に集合。チリ戦に向けて札幌で合宿を行ってきたが、6日未明に発生した平成30年北海道胆振東部地震によりチリ戦は中止に。大阪で行われるコスタリカ戦が森保ジャパンにとっての初戦となる。

ロシア・ワールドカップからは大幅にメンバーを入れ替えた森保一監督は、初采配となった一戦で4-2-3-1を採用。GKには東口、4バックは右から室屋、三浦、槙野、佐々木が形成し、中盤底2枚はキャプテンの青山と遠藤が組んだ。熾烈な争いとなっている2列目は、堂安、南野、中島とヨーロッパで活躍する3人が入り、1トップは小林が務めている。

日本は、試合序盤から細かくパスを繋ぎつつ、ボールを積極的に保持しようとする。相手ボール時には前線からプレスをかけ、素速くボール奪取を試みる。前線の4枚は、小林がサイドに流れるなど流動的に動き相手の守備を撹乱する。7分には、中島のCKにマークを外した三浦が飛び込んだが、惜しくも合わなかった。

12分にはレアルに右サイドを突破され、エリア内で切り返しからシュートを放たれたが、槙野が体を張ってブロックし、ピンチを凌ぐ。その後、ビルドアップの場面でパスを奪われるシーンが数回続いたが、シュートは許さない。

すると16分、CKから先制に成功。中島のCKに佐々木が頭で合わせると、相手の頭に当たって枠に吸い込まれた。森保ジャパン初得点は、相手のオウンゴールという形となった。

先制後、日本は攻撃の手を緩めない。左サイドの中島を中心としつつ、サイドの深い位置からチャンスを作っていく。躍動する中島は、得意のカットインからブレ球でのロングシュートをねらうなど、積極的な姿勢を見せる。

29分にはオビエトのロングシュートを東口が横っ飛びでセーブ。35分には、相手CKにまたも東口が果敢な飛び出しで競り合うなど、守護神としてピンチを防ぐ。

39分には見事な連携で相手ゴールを脅かす。遠藤が中盤から浮き玉のパスを出すと、小林が落とす。受けた南野が強烈なシュートを放ったが、相手GKのファインセーブに防がれた。

日本は、その後も積極的なプレーで試合の主導権を握る。前半は1点リードして折り返した。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ