ヴェンゲル氏、フランス代表監督のオファーを受けていたことを告白「アーセナルでの仕事をより好んでいた」

コメント()
(C) Getty Images

元アーセナル監督のアーセン・ヴェンゲル氏がフランス代表監督のオファーを受けていたことを明かした。

ヴェンゲル氏は1996年にアーセナルの指揮官に就任。2003-04シーズンに無敗優勝を達成するなど、数多くの功績を残し昨季終了後に退任した。現在69歳のヴェンゲル氏は『Le Parisien』のインタビューに応え、以前フランス代表監督のオファーがあったことを明かした。

「監督業から離れている今は、愛する人達と一緒に過ごしたいんだ」

「フランス代表の監督になることもできた。何度もオファーされていたからね。でも私はアーセナルでの仕事をより好んでいた。近年のレ・ブルー(フランス代表の愛称)は素晴らしいね。ディディエ・デシャンは良い仕事をしているよ。今は監督を変える理由など無いはずだ」

また、母国フランスの強豪パリ・サンジェルマンと古巣のアーセナルについてもコメントした。

「もしかしたら、いつかPSGに行くかもしれないけど、わからないね。PSGは素晴らしいチームだ。だが、チャンピオンズリーグでは運が無いね。前回のマンチェスター・ユナイテッド戦でも運がなかった。でも、いつかは結果を手にするだろう」

「アーセナルでは1235試合を指揮した。そして20年続けてプレミアリーグでトップ4でフィニッシュした。これは素晴らしいことだ。タイトルを獲って、栄光を手にしたこともあったし、敗北したこともある。でも監督としての生活はもっと複雑なものだったね」

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる