レヴァンドフスキ、自らの口でついに残留を宣言!移籍を考えた理由は…

コメント()
Getty
ファンの温かい声援、コバチ監督との会話がレヴァンドフスキをとどまらせたようだ。

バイエルン・ミュンヘンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが残留を宣言した。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』が報じている。

レヴァンドフスキは今夏、移籍を志願。しかし、バイエルンの首脳陣はいかなるオファー、金額であっても移籍を容認しないと語り、放出を拒否してきた。そして、レヴァンドフスキは当初、移籍を希望しつつ、考えを変えたことをついにメディアの前で語っている。

「昨季のシーズン終盤、4月、5月はほぼ全員が僕を攻撃し、クラブから守られず、孤独に感じた。2、3試合重要な試合で点が取れず、『レヴァンドフスキなら自由に叩いていい』というような感じになったんだ。誰も僕の近くにはいなかったし、クラブも守ってくれなかった。そこで、ピニ(代理人)と退団で合意した。ミュンヘンで居心地よく感じていなかったからね。クラブからの保証がなく、1シーズンを過ごしたように感じたんだ。だからこそ、移籍を考えたよ」

「ただ、今はバイエルンにハートが戻った。どれだけのファンが僕に付き、僕を求めているかを実感したからね。クラブに楯突いたりすることもない。移籍のうわさや憶測に時間を使うのはもったいないからね。新監督のニコ・コバチとは本当に良い対話ができている。彼は僕が何を感じているのか理解している。チームや僕がどのようにプレーすべきかアイディアを伝えてくれるし、満足している。それから考えを変え、残ることに決めたんだ。僕は一人の男で、マシーンではない。ミスだってする。プレシーズン最初にアリアンツ・アレナで行われたマンチェスター・ユナイテッド戦ではファンから温かい声援を受け、それは僕にとって重要なものだった。言えることは、『このクラブのために全力を注ぐ』ということだね」

去就でチームを騒がせ続けたエースだったが、残留を宣言。新シーズンもバイエルンでタイトルを争うことになりそうだ。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
ナポリ指揮官アンチェロッティ、主力欠場でも上位に勝利で自信「何かが起きるはず」
次の記事:
【LIVEテキスト速報します】森保ジャパン、いざ頂きへ!日本代表vsサウジアラビア代表
次の記事:
イングランド代表での時間を楽しむサウスゲート「名誉に思うし、特権的ポジション」
次の記事:
「優勝候補だが期待以下」韓国紙が森保ジャパンを酷評…サウジとは「大きな差はない」
次の記事:
日本代表、アップセット狙うサウジと負けられない戦いへ。スペイン紙が選んだキープレイヤーは…
閉じる