レアル・マドリー、ベルナベウ全面改装に着手へ…改装費用として764億円の債務を負うことが承認される

コメント()
Real Madrid CF

23日にレアル・マドリーのソシオ(クラブ会員)総会が行われ、本拠地サンティアゴ・ベルナベウの全面改装費として、5億7500万ユーロ(約764億円)の債務を抱えることが承認された。

マドリーはアブダビ首長国が全額出資する投資会社IPICにベルナベウのネーミングライツを譲渡することで、全面改装費の資金調達を目指した。が、ホテル併設をマドリー上位裁判所から禁じられたタイミングで、IPICがプロジェトから撤退(マドリーは契約違反を訴え、パリで係争中)。これによりマドリーは債務を抱えて全面改装に着手する方針を立てた。

マドリーのクラブ規約においては、予算の15~20%以上の債務を抱える場合に、総会でソシオの代表者たちの3分の2から同意を得なければならない。そして23日に行われた総会での投票結果は賛成1017票、反対57票、白紙23票となり、債務を負うことが承認されている。

5億7500万ユーロの債務の返済期間は35年。1シーズンあたりの返済額は2500万ユーロ(約33億円)となるが、マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は総会で、それがクラブ収入の4%足らずの額であることを強調した。同会長はまた、全面改装後のベルナベウでは、1シーズンにつき1億5000万ユーロ(約200億円)の収入を見込んでいることも説明している。

全面改装は来夏に着工となり、2022年に完了する予定。倫理上の観点から、ペレス会長の建設会社ACSは工事に参加しない。なおマドリーの2017−18シーズンの総収入は、前シーズン比11.3%増の7億5090万ユーロ(約997億円)で、純利益は45.9%増の3120万ユーロ(約41億円)となっている。

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
3戦を振り返る森保監督「僕が言ったことだけでなく」…メディアにもオープンな姿勢を求める
次の記事:
ヴァイグルを強く求めるPSG指揮官トゥヘル「依然として興味深い選手」
次の記事:
森保監督、次戦先発は「ギリギリまで悩む」。サウジへは警戒感示す「アジアでもトップクラス」
次の記事:
札幌と広島が参加のJリーグアジアチャレンジinタイ、DAZNで全試合ライブ配信!
次の記事:
モウリーニョ本の著者が語るスペシャル・ワン失敗の理由…レアル帰還の可能性も?/独占インタビュー
閉じる