レアル・マドリー、バルサ、チェルシーでエリクセン争奪戦か…契約は来季終了まで

コメント()
(C)Getty Images

トッテナムに所属するデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンを複数のビッグクラブが注視しているようだ。スペイン『アス』が伝えた。

2013年の夏にトッテナム入りしたエリクセンは、これまで同クラブで公式戦250試合以上に出場。不動のレギュラーとしてプレーし続けており、今シーズンもプレミアリーグ19試合で4得点7アシストを記録している。

現在26歳のエリクセンは、来シーズン限りでクラブとの契約が満了を迎える。昨年11月には契約延長交渉に入っていることが明かされていたが、現在まで正式な合意発表はない状況だ。

『アス』はエリクセンに近しい人物からの発言として、「彼を注視しているトップレベルのクラブを1つだけ挙げるのは難しいね。なぜなら、イングランド、スペイン、イタリア、ドイツのクラブがあるからだ」とのコメントを紹介。各国ビッグクラブから関心を集めていることが示唆されている。

これまでマンチェスター・シティやパリ・サンジェルマンからの興味が伝えられてきたエリクセンだが、『アス』によれば現在、バルセロナとチェルシーが同選手への関心を強めているもよう。同じくエリクセンに興味を持つレアル・マドリーは、最有力の選択肢になるとみられているが、本格的に獲得に動くならば厳しい争奪戦となることが予想されている。

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる