ルーヴル美術館、仏代表ユニ着用のモナ・リザでW杯優勝を祝福もイタリアから批判殺到

コメント()
(C)Getty Images
ロシアW杯でのフランスの優勝を祝い、首都パリのルーヴル美術館は名画『モナ・リザ』で祝福のツイートをしたが、イタリアから批判が相次いだ。

ルーヴル美術館が15日、公式ツイッターでロシア・ワールドカップを制覇したフランス代表を祝福した。しかしイタリアの巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた『モナ・リザ』を使用したことで、一部のファンから反発の声が上がった。イタリア紙『コリエレ・デロ・スポルト』などが15日、伝えている。

15日に行われたW杯決勝で、フランスはクロアチアと対戦。オウンゴールで先制したフランスは、一時は同点にされるも、アントワーヌ・グリーズマン、ポール・ポグバ、キリアン・ムバッペが得点を挙げて4-2でクロアチアを下し、20年ぶり2回目の優勝を飾った。

するとフランスの首都パリにあるルーヴル美術館も公式ツイッターを更新し、代表チームに賛辞を送った。「フランス代表チーム、2018年W杯優勝おめでとう」と綴るとともに、美術館を代表する名画『モナ・リザ』を加工し、フランス代表のユニフォームを着せた画像を投稿した。

しかしイタリアのルネサンス期を代表する巨匠ダ・ヴィンチが制作し、フランスに持ち込んだ作品であることから、ロシアW杯出場を逃したイタリアのファンから非難が相次いだ。「この作品は僕らの物だから触るな。むしろ返せ」、「僕らのモナ・リザの写真を投稿してお祝いか?イタリアのことがいつも忘れられないんだな。まったく」などの意見が記事では紹介されている。

イタリアからの投稿が押し寄せたことで、ルーヴル美術館はイタリア語で返答。「豆情報だが、モナ・リザは、レオナルド・ダ・ヴィンチがフランソワI世に売却したものだ」と綴っている。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
三浦弦太「自分たちで難しい局面に」…押し込まれる時間帯は「余裕があった」と手ごたえ
次の記事:
佐々木翔、元同僚・塩谷のスーパーゴールに「久々にあの人の大砲を見た」
次の記事:
青山敏弘「意地でも90分間やりたかった」…その理由は槙野智章のひと言?
次の記事:
3試合で22人がプレーした森保ジャパン。ウズベク戦サブ組起用の意義
次の記事:
指揮官カランカ解任のノッティンガム・フォレスト、後任監督にオニールを招へい
閉じる