メルボルンVが5連勝で暫定首位浮上!本田4戦連発ならずもアデレードとの上位対決制す/Aリーグ第7節

コメント()
(C)Getty Images

オーストラリアAリーグは8日に第7節が行われ、メルボルン・ビクトリーはアデレード・ユナイテッドと対戦した。

開幕2連敗後4連勝と調子を上げ、2位につけるメルボルンV。暫定首位浮上へ向け、ホームで3位アデレードUとの上位対決に臨んだ。移籍後4ゴール3アシスト、直近3試合連続ゴール中と絶好調の本田圭佑は、右インサイドハーフでこの日も先発出場を果たしている。

開始10分で負傷により交代カードを1枚切ることを余儀なくされたメルボルンVは、試合序盤はアデレードUにボールを握られる時間が続き、15分にはバー直撃となるヘッドを許すなど、苦しい展開が続く。

20分にトイヴォネンがカットインからシュートを放ちGKにセーブを強いたが、本田がドリブルで持ち上がり倒されたシーンは笛がならず。27分には相手ボックス内でDFの手にボールが当たり、ビデオ判定がされるも、ここも笛はならなかった。メルボルンVはカウンターをねらえる場面もあったが、パスミスやミスコミュニケーションから機会を活かせず。前半はスコアレスで折り返した。

後半は両チームゴール前に迫る回数が増えていく。すると62分、メルボルンVが先制に成功。右からのクロスにトイヴォネンが頭で合わせると、一度GKに弾かれたもののバルバルセスが押し込みネットを揺らした。

リードを手にしたメルボルンVは、相手の攻撃に耐えながらもチャンスを作る。75分過ぎには本田のFKから2度チャンスが生まれる。すると81分、メルボルンが追加点。ボックス内でのワンツーでフリーとなったトイヴォネンが、冷静にGKとの一対一を制した。

その後は両者ヒートアップする場面もあったが、スコアは動かず。横浜F・マリノスのアンジェ・ポステコグルー監督も見守る中、メルボルンVは5連勝を達成。勝ち点を15に伸ばし、パース・グロウリーをかわして暫定首位に浮上した。

■試合結果
メルボルンV 2-0 アデレードU

■得点者
メルボルンV:バルバルセス(62分)、トイヴォネン(81分)
アデレードU:なし

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる